別れても「友達」でいられる元カレの条件9パターン


別れは悲しいものですが、その後、友達という別の関係でうまくやっていけるカップルもいます。もちろん、そうでないカップルも…。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「別れても『友達』でいられる元カレの条件」をご紹介します。

  • 【1】仕事や趣味など、恋愛以外でもつながりがあること

    「恋愛関係以外のつながりがあると、自然と友達になれるかも」(20代女性)など、別れたあとも半強制的に会う理由があると、友達になれる可能性が高まるようです。別れたあとのことまで考える必要はありませんが、交際中から共通の趣味を持つといいでしょう。

  • 【2】納得いくまで話し合い、笑顔で別れた相手であること

    「あんまりにもひどい別れ方だと、友達になりたいと思えない」(20代女性)など、キレイに別れることができないと、友達になりたいと思ってもらうこともできないようです。別れの瞬間までヤケにならず、彼女を大切にするよう心がけましょう。

  • 【3】「彼氏・彼女」になる前に、もともと友達付き合いしていたこと

    「友達期間が長いと、戻るのは意外に簡単」(20代女性)という意見もあり、男友達から彼氏に昇格した男性であれば、お互い恋愛以外の部分を知っているために、友達になれる可能性は高いようです。友達時代の呼び方をすると、昔の感覚を取り戻せるでしょう。

  • 【4】別れの理由が「性格」や「価値観の違い」以外であること

    「性格が合わない相手と友達になるのはムリ」(20代女性)という声もあり、「人として合わない」という結論で別れた場合、関係を持ち続けるのは難しそうです。仕事の事情など、外部要因が別れのきっかけであれば、友達として交流することは可能かもしれません。

  • 【5】見た目だけでなく内面重視で好きだったこと

    「見た目が好きなだけだと友達にはなれない」(10代女性)など、人間性に惚れぬいた相手でないと、男性としての魅力がなくなったあとも友達付き合いをするのは難しいようです。元カノといつも友達になれない男性は、もう少し内面的な魅力を磨いたほうがいいかもしれません。

  • 【6】お互いに「異性」としての未練がないこと

    「まだ男性として好きな相手とは友達になれない」(20代女性)など、「異性」としての未練がないことも、「友達」になるために欠かせない条件だといえそうです。これは逆も同じこと。男性側に未練がある場合も、女性が警戒してしまい、友達にはなりづらいでしょう。

  • 【7】ある程度長く交際し、相手を知り尽くしていること

    「すぐに別れた人とは根本的に合わないんだと思う」(20代女性)など、交際期間がある程度長いと、人として付き合えるという保証になるようです。いつも交際が長続きしない人は、彼女選び自体に問題があることを疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【8】今カノが嫉妬深くないこと

    「二人の関係性がどうでも、新しい彼女が嫌がったらどうしようもない」(20代女性)など、今カノが元カノとの友達関係を認めてくれないと、友達でい続けることはできないようです。こればかりは、理解ある彼女と付き合っているかどうかにかかっているでしょう。

  • 【9】「交際」をやめたあとでも、お互いに尊敬できる存在であること

    「尊敬できない人とは別れてまで仲良くしたくない」(20代女性)という辛らつな意見も…。人としての魅力がないと、友達になりたいとは思ってもらえないので、仕事や趣味など、彼女に誇れるものを見つけましょう。

ほかにも「別れても『友達』でいるにはこんな条件がある」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock