「しゃべったこともない男性」に女性が胸キュンする瞬間9パターン


「好き」という感情は、よく知り合ってから生まれることが多いもの。ですが、ときに女性は、よく知らない男性に対して一目惚れに近い感情を抱くことがあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『しゃべったこともない男性』に胸キュンする瞬間」をご紹介します。

  • 【1】電車やバスでお年寄りに席を譲っているのを見たとき

    「人の優しさを見るとホッとする」(20代女性)など、直接女性に働きかけなくても、他人に良い行いをすることで自然と印象が良くなるようです。自分も、いつどこで、誰に見られているかわかりません。常に良い行いをするように心がけましょう。

  • 【2】満員電車で痴漢から守ってくれたとき

    「自分を盾に守ってくれるなんて、すごく頼もしい」(10代女性)など、女性を窮地から救うことで自分の男らしさをアピールすることができるようです。酔っぱらいに絡まれている女性を助けたりしても、同じように男らしいと思ってもらうことができるでしょう。

  • 【3】道でぶつかっただけなのに丁寧に謝られたとき

    「良い人なんだな、と思っちゃう。それだけで胸キュン(苦笑)」(20代女性)など、突然人の良さに触れることで、恋愛感情に近いものを抱く女性もいるようです。これはまれな例だとしても、謝ったほうが好感度が高いのは確かです。どんなときも丁寧な対応を心がけましょう。

  • 【4】TwitterやFacebookなどで親しげにコメントしてくれたとき

    「急にフレンドリーなコメントをもらうとドキッとする」(20代女性)という声もあり、ズイっと一歩踏み込むことで、女性の心の壁を崩せることもあるようです。とはいえ、これは少し上級者向けのコミュニケーションテクニック。失礼な人だと思われてしまうこともあるので、慎重に行動しましょう。

  • 【5】よく行く店の店員さんに顔を覚えてもらえたとき

    「『今日も○○ですね』とか、明らかに顔を覚えてもらえたことがわかるセリフを言われるとドキッ」(20代女性)など、いつも挨拶程度の店員さんとの初会話にドキドキする女性もいるようです。警戒されないよう、さわやかな笑顔を添えましょう。

  • 【6】気づかずにいた落とし物をダッシュで届けてくれたとき

    「息を切らしてたりするとさらにグッとくる」(20代女性)など、自分のために頑張ってくれる男性に心を奪われる女性は多いようです。女性と接するときは、少し必死に見えるよう、いつもよりオーバーな振る舞いをするといいかもしれません。

  • 【7】同じ小説を読んでいる人を見かけたとき

    「趣味が同じってだけで運命感じちゃうことも(苦笑)」(20代女性)など、感性が合うという偶然にキュンとする女性もいるようです。電車やバスに乗ったら、まずは自分と同じ本を読んでいる人がいないかチェックしましょう。

  • 【8】お店のドアを親切に開けてくれたとき

    「レディファーストってやっぱり感動します」(10代女性)など、どんな女性も丁寧に扱われて悪い気はしないようです。ただし、下心見え見えのわざとらしいレディファーストは警戒されるだけです。どんな女性にも同じように紳士的に接するようにしましょう。

  • 【9】犬や猫をなでている姿を見かけたとき

    「クールな雰囲気の人だと、さらに胸キュン」(20代女性)など、ギャップを見せつけられてキュンとしてしまう女性もいるようです。見た目のせいでまわりから冷たいと思われている自覚がある人は、「子ども好き」「動物好き」エピソードを話すだけで印象が良くなるかもしれません。

ほかにも「よく知らない女性に胸キュンされた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock