「コイツだけは合コンに誘いたくない!」と思われる男の特徴9パターン


あちこちで合コンが開かれるなか、「なぜか自分は合コンに縁がない」という男子もいるようです。では、合コンに呼ばれない理由は何でしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者に聞いた「『コイツだけは合コンに誘いたくない!』と思われる男の特徴9パターン」を紹介します。

  • 【1】聞かれもしない自慢話たらたらの「俺様アピール男」

    「自分だけポイントを稼ごうとすんな」(20代男性)というように、自慢ばかりする男子は同性から「薄っぺらい男」だと思われるようです。女子にとっても、自慢話に付き合って相手をほめるのは苦痛そのもの。「あいつは女子に気を使わせるだけ」と敬遠されるので気をつけましょう。

  • 【2】女子が嫌がるのもおかまいなしに絡みまくる「酒グセ最悪男」

    「タチが悪いの一言。合コンに集中できない」(20代男性)というように、酒グセの悪い男子は周りをハラハラさせてしまいがちです。「酒は飲んでも呑まれるな」。自分をコントロールできない男子は、女子からの信頼も尊敬も得られないので気をつけましょう。

  • 【3】つまらないギャグの連発やオタク話を延々と披露する「KY男」

    「女子が引いていても分からない奴は問題外」(10代男性)というように、空気を読めない男子への風当たりは強いようです。合コンは場が盛り上がってなんぼのものです。自分の話したいことだけを話すのではなく、日頃から周りの反応を見ながら話すクセをつけておくとよいでしょう。

  • 【4】女子を品定めするように体を上から下まで舐めるように見る「エロ男」

    「友だちだと思われたくない」(20代男性)など、自分の価値まで落とす可能性のある下品な人物はメンバーから外されるようです。また、ジロジロ見る行為は女子にとっても失礼です。逆に、女子を見たくてもつい顔をそむけるくらい「照れ屋さん」なほうが、女心をくすぐるかもしれません。

  • 【5】過去の恋愛が長続きしたことのない「いい加減男」

    「こういう奴に限って女子の扱いがうまい」(10代男性)とやっかみ半分、「『あんな人、連れてきて』と怒られる」(20代男性)と女子への気遣い半分なのが理由で、男女共に不評なようです。一人の女子ときちんと向き合う姿勢が合コンに呼ばれるコツかもしれません。

  • 【6】話を振ってもそっけない返事で会話を続けられない「ネクラ男」

    「せっかく頑張って盛り上げても、そいつの一言で雰囲気ぶちこわし」(10代男性)と、会話を途切れさせる男子もNGのようです。イエス、ノーで答えるだけでなく、「君は?」と笑顔で質問を返せるようになると、友人も安心して合コンに誘ってくれるかもしれません。

  • 【7】男同士でも一緒に食事をしたくない「食べ方が汚い男」

    「口に食べ物を入れたまま話すとか、女子の不評を買うのは明らか」(20代男性)など、基本的な食事マナーが合コン参加への前提だと考える男子もいるようです。「同性目線でも不愉快じゃない男子」が合コンに呼ばれる基本ラインだと考え、周りの人を観察してみると勉強になりそうです。

  • 【8】特定の女子といいムードになると必ず割り込んでくる「横やり男」

    「あと一押しなんだから空気読めよ!」(10代男性)と非難ごうごうのようです。自分も気に入った女子の場合は別にして、そうでない場合には援護射撃をするか、ふたりをそっとしておくといった気遣いができないと、合コンには呼ばれにくいでしょう。

  • 【9】女子と男子の前で態度がガラリと変わる「裏表男」

    「人として信用ならない」(20代男性)など、合コン以前にそもそもの人間性を疑われて仲間に入れたくないようです。付け焼き刃のカッコよさは女子にも見抜かれやすいので、まずは人間磨きに精を出してみてはどうでしょう。

ほかにも「合コンに呼びたくない男子」の特徴があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock