これじゃ片思いと同じだよ…彼氏に寂しさを感じる瞬間9パターン


付き合いたてのカップルでも、じつは彼氏が冷たい気がして不安を抱く女性も多いようです。どうすれば付き合いたての彼女に寂しい思いをさせずに済むのでしょうか。今回は、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた、「付き合い始めたのに『なんだか片想いと変わらないな…』と女性が寂しくなる瞬間」を紹介します。

  • 【1】「好き?」と聞いても答えをはぐらかされるとき

    「たった一言『好き』と言葉にして返してほしいだけなのに、全然口にしてくれない」(10代女性)と、ストレートな愛情表現をしてくれない彼氏に不満を抱く女性は多いようです。どんなに恥ずかしくても、一度は勇気を出して自分の気持ちを言葉にしたほうがいいでしょう。

  • 【2】連絡するのがいつも自分からだと気づいたとき

    「私が電話しなかったら、何日もかけてこないのかなと不安になる」(20代女性)と、会いたい気持ちや話したい気持ちが一方通行のような気がして、不安になる女性もいるようです。連絡を忘れがちな人は「三日に一度は自分から連絡する」などを自ら心がけ、女性を安心させてあげましょう。

  • 【3】メールの返事が遅かったり、内容もそっけないとき

    「ドキドキしながら待っていても、返事が一行のみ」(30代女性)と、淡泊すぎるメールのやりとりに悲しくなる女性もいるようです。たとえ忙しくて短い返事しか返せないときでも、絵文字や顔文字で楽しさを演出したほうがよさそうです。

  • 【4】自分よりほかの女友達といるほうが楽しそうだと感じたとき

    「私より居心地がよさそうに見えてショックだった」(20代女性)など、自分以外の異性と親しげにしている姿を目撃し、落ち込む女性もいるようです。余計な誤解をさせないよう、あくまで「好きなのはお前だけだから」と伝えてあげましょう。

  • 【5】自分から言わないと手を繋いでくれないとき

    「いつも忘れられている。もうちょっと気持ちを察して」(20代女性)と、カップルらしさが足りず、モヤモヤした気持ちを抱える女性もいるようです。人ごみや階段を歩くときなどは自然に手を繋ぐチャンスだと捉え、積極的に自分から手を差し出しましょう。

  • 【6】デートの誘いも計画も、すべて自分任せにされたとき

    「デートしたいのは自分だけなんだと悲しくなる」(20代女性)と、相手側の意欲が感じられずむなしくなる女性もいるようです。付き合い始めは王道のデートスポットでも十分楽しいはずです。「どういうデートがいいかな」とあれこれ悩む前に、積極的に誘ってみてはいかがでしょう。

  • 【7】友達や知人の前ではイチャイチャするのを嫌がられたとき

    「まるで他人みたいに接されて、私の立場ってなんだろうと思った」(10代女性)と、照れ隠しとはいえ極端に人目を気にするのは、女性を傷つけるようです。知人の前でも堂々と「俺の彼女」と紹介してあげると、寂しい思いをさせなくて済むでしょう。

  • 【8】自分が先約だったのに友達との約束を優先されたとき

    「男友達の方が大事なら、彼女になった意味がない」(20代女性)と、本来ならたくさん会いたい時期に自分の予定を後回しにされると、女性はないがしろにされていると感じるようです。男友達との約束を優先しすぎていないか、過去のスケジュールを振り返り、その頻度をチェックしておく必要がありそうです。

  • 【9】付き合う前と変わらず「○○さん」と苗字で呼ばれるとき

    「特別な関係になれたことを、もっと実感したい」(20代女性)と、まだ距離のある呼び方に物足りなさを感じている女性もいるようです。口に出すのが恥ずかしい場合は、メールでは下の名前で呼ぶことから始めて、徐々に慣れるようにするといいかもしれません。

いかがでしたか? このほかに「付き合い始めたのに『なんだか片想いと変わらないな…』と女性が寂しくなる瞬間」には、どのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock