女性が「恋愛のことなんて考えたくない!」と思う瞬間9パターン


多くの女性にとって「恋愛」は永遠のテーマですが、ときには恋愛について「一切考えたくない」と思うタイミングもあるようです。そんなときは、勇気を出したアプローチも空振りに終わってしまうかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女性が『恋愛のことなんて考えたくない!』と思う瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】仕事が絶好調で目が回るほど忙しいとき

    「恋愛がうまくいかないと仕事にも悪影響が出るから、今は一人でいい」(20代女性)など、仕事に集中したい時期は、あえて恋愛から距離をおく女性も少なくないようです。仕事が落ち着いて時間が空くまでは、強引なアプローチは避けたほうがよさそうです。

  • 【2】過去の恋愛の失敗を思い出して反省したとき

    「元彼に振られたショックを忘れられるまでは、別の人と付き合うのは無理」(20代女性)など、過去の失敗が尾を引いて、次の恋愛に進むことができない女性もいるようです。まずは「親しい友人」を目指して距離を縮めたほうが無難な時期かもしれません。

  • 【3】大事な資格試験や受験などが間近に迫っているとき

    「人生がかかってるから、デートする時間なんてない!」(20代女性)など、集中して勉強に取り組んでいる時期の女性は、恋愛に意識を向ける余裕がないようです。試験が一区切りつくまで、邪魔せず応援してあげることが信頼につながりそうです。

  • 【4】女友達からダメ男の恋愛相談をされたとき

    「自分もそうなったら…と思うと、恋愛するのがイヤになる」(20代女性)など、女友達の悩みに共感してしまい、男性に壁をつくってしまう女性もいるようです。友達同士のグループデートに誘うなどして、徐々に不信感を払拭してあげるとよいかもしれません。

  • 【5】体調が悪くて何もやる気が起きないとき

    「こんなときにデートに誘われても、断るのすらしんどい」(20代女性)など、体調が悪いときにはメールや電話の応対すら辛いことがあるもの。返事を求めないようなお見舞いメールを送る程度に留め、回復を待ってからあらためてデートに誘ってはいかがでしょう。

  • 【6】夢中になれる趣味を見つけたとき

    「休日をデートで潰すのがもったいない」(20代女性)など、新しい趣味に夢中になっているときは、恋愛や彼氏への興味が薄れる女性もいるようです。趣味について詳しく話を聞き、自分も一緒にチャレンジすれば、二人の距離をグッと縮められるかもしれません。

  • 【7】クリスマスやバレンタインで街中が浮かれているとき

    「どうせ私には関係ないから」(20代女性)など、華やかな恋人たちのイベントを前にして、現実逃避するかのように恋愛に背を向けてしまう女性もいるようです。ある意味、本音とは真逆の反応ともいえるので、ストレートなデートへの誘いが功を奏すかもしれません。

  • 【8】親から結婚に対してプレッシャーをかけられたとき

    「私を放っておいてください…!」(20代女性)など、適齢期を迎えた女性のなかには、「まだ結婚はいいかな」という思いから、その前段階である恋愛へブレーキをかけることもあるようです。性急に進展を求めず、ゆっくりとした地道なお付き合いが喜ばれそうです。

  • 【9】好きな人にこっぴどくふられたとき

    「もう誰も好きになりたくない…」(20代女性)など、失恋直後の女性は恋愛に対して拒絶反応を示すこともあるようです。ただし、時間とともに気持ちの整理がつきさえすれば、次の恋愛をスタートさせるのは難しくなさそうです。

ほかにも、「女性が『恋愛のことなんて考えたくない!』と思う瞬間」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock