「一緒にいるだけで不幸になりそう!」と思われてしまう男性9パターン


多くの女性が幸せになりたいと望むもの。そんなとき不幸なオーラを発している男性がいたら、避けて通りたくなるのが世の常です。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『負のオーラが漂っている…』と、近よるだけで不幸になりそうな男性9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いつも猫背で姿勢が悪く、下を向いて歩く

    「明らかに暗く見える」(10代女性)というように、姿勢の悪さを「THE負のオーラ」と判断する女性が多いようです。常に胸を張って颯爽と歩くことを心がければ、ポジティブな人だと印象付けられるでしょう。

  • 【2】話しかけても目を合わさず、つまらなそうな表情をしている

    「話をしたくないのかなと思う」(20代女性)など、目を見ないで話す男性は相手にネガティブな印象を与えてしまうようです。急にジッと見つめることに抵抗がある人は、まずはチラっと照れたように見るだけでも好感度が急上昇し、話しかけられる機会が増えるかもしれません。

  • 【3】自信なさそうに後輩や部下にまで敬語を使っている

    「オドオドしている姿を見ていられない」(20代女性)という意見があるように、過剰な謙遜は女性に哀れだと思われてしまうようです。ときには後輩に敬語を使わずビシッと指示を飛ばすと、後輩はもちろん女性からも「頼りがいのある人」だと見直されるかもしれません。

  • 【4】何をやるにも「めんどくさい」と投げやりな態度を取る

    「付き合ったら自分の事もめんどくさそうに扱われそう」(10代女性)など、一緒にいたら幸せにはなれないという印象を与えてしまうケースです。たとえめんどくさい事でも、とりあえず「よし! やるか!」などポジティブな言葉を発するクセをつけると、女性に前向きさをアピールできるかもしれません。

  • 【5】いつも無表情で何を考えているか分からない

    「話しかける気力がなくなる」(20代女性)というように、女性から自然と距離を置かれてしまうパターンです。常に芸人のようなリアクションは必要ありませんが、ふとしたときに笑顔を見せると、そのギャップに女性がキュンとするかもしれません。

  • 【6】口を開けば仕事のグチや他人の悪口ばかり言う

    「デートのときも、ひたすらグチを言ってそう」(20代女性)など「つまらなさ」を女性に連想させる行動のようです。ただし、いつもは弱さを見せない男性が二人きりのときに悩みを相談する場合は、「心を開いてくれている」と女性は喜んでくれるかもしれません。

  • 【7】「どうせ自分なんて…」が口グセでネガティブな発言が多い

    「自分も負の方向にひきずられそうで嫌」(20代女性)というように、自己否定するような男性は、女性が「自分にも被害が及びそう」と敬遠するようです。「俺なんて」とつい言ってしまったら、「励まさなきゃ…」と相手に気を使わせないよう、すぐに「でも大丈夫!」と笑顔を見せるといいかもしれません

  • 【8】他人の顔色をうかがいすぎて自分の意思が見えない

    「自信なさすぎ!! と呆れる」(20代女性)と、八方美人な言動は自信のなさの表れだと女性に見られてしまうケースです。デートのときには、彼女の意見をただ受け入れるだけではなく、たまには強気で意見を通してみると男らしさをアピールできそうです。

  • 【9】自分以外をすべて見下しているかのような上から目線で物を言う

    「友だち少なそう」(20代女性)というように、不遜な態度は実は嫌われ者で孤独というイメージにつながるようです。褒めて欲しいときは冗談っぽく「すごいでしょ?」と言ってみると、女性に「かわいい人だなー」と思ってもらえるかもしれません。

ほかにも「『負のオーラが漂っている…』と近よるだけで不幸になりそうな男性」のパターンはあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock