遠距離恋愛がもたらす嬉しい誤算9パターン


遠距離恋愛はカップルに大きな心境の変化をもたらしますが、そのハードルが2人の絆を深める可能性もあります。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「遠距離恋愛がもたらす嬉しい誤算9パターン」をご紹介します。

  • 【1】小さな不平不満がどうでもよくなった

    「会うだけで気持ちが満たされる」(20代女性)など、遠距離恋愛によって幸せを感じるレベルがグッと抑えられたパターンです。「恋人との間で当たり前になっていること」の価値を考えてみると、ケンカの原因やうまく関係を築く方法のヒントが見えてくるかもしれません。

  • 【2】そばにいるときより、むしろ頻繁に連絡を取り合うようになった

    「相手の存在の大切さが分かった」(20代女性)など、恋人の必要性を実感し、緊密な連絡を取るようになるパターンです。「失って初めて分かった」というのは失恋後の常套句ですが、同様に「離れたからこそ実感できる相手を大切に想う気持ち」は、2人の絆をさらに強くするようです。

  • 【3】出しもしないのに手紙を書いたり、相手のことを考える時間が増えた

    「自分の気持ちをまとめたくて、出さないのに手紙を書いたりしてます(笑)」(20代女性)など、自分の気持ちを把握しきれなくなったパターンです。大きなケンカなどをして自分の気持ちを見失った場合は、まずは相手に対する想いを書いてみることもひとつの手かもしれません。

  • 【4】早く一緒になりたいという気持ちが強まり、結婚の話が進んだ

    「お互いにこんな状態を続けられないという気持ちになった」(20代女性)など、状況を改善しようというエネルギーが生まれたパターンです。結婚など大きな決断を要する物事を進める際は、遠距離恋愛のように一緒に乗り越えるハードルを用意することが有効かもしれません。

  • 【5】デートのたびに気合が入るようになった

    「何だか付き合いたての頃の新鮮な気持ちがよみがえってきた」(30代女性)など、デートを貴重な時間ととらえるようになったパターンです。恋人との絆を深めるには、遠距離恋愛時のデートのように、「最高の自分を見てほしい」という状況作りが大事かもしれません。

  • 【6】相手に会うことの優先順位が断トツで一番になった

    「それ以上に重要なことが思いつかない」(20代女性)など、遠距離恋愛によって完全に価値観が変わったパターンです。物事の優先順位は状況によって変わりますが、それが常に恋人に関することであれば2人の関係はうまくいくでしょう。

  • 【7】「風邪を引いた」と聞くだけで仕事が手につかなくなるほど、相手の無事を心配するようになった

    「すべてを大げさに考えるようになった」(20代女性)など、会えない不安によって相手をいたわる気持ちが生まれたパターンです。会えない時間に少しでも相手の状況を想像することが、恋人同士の絆を強くするでしょう。

  • 【8】次のデートで話すネタを探すために、いろいろなことに好奇心を持つようになった

    「相手を喜ばせたいから」(10代女性)など、貴重なデートを充実した時間にするため、趣味や行動傾向が変化したパターンです。マンネリ気味の雰囲気を解消したいと思っているカップルは、常に相手を驚かせることを目標にしてはいかがでしょうか。

  • 【9】ひとりで過ごす時間が増えたことで互いに趣味が増えた

    「毎週デートしていた日に料理教室に通うことにした」(20代女性)など、会えなくなった時間を有効活用したパターンです。恋人と会う時間が減った場合、さらなる魅力的な面を恋人にアピールするために、空いた時間でこれまでできなかったことに挑戦するのはいかがでしょうか。

ほかにも「遠距離恋愛がもたらす嬉しい誤算」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock