久々に再会した幼なじみに思わずときめいた理由9パターン


帰省中、久しぶりに同級生とバッタリ、なんて経験はありませんか? そんなとき、昔は意識したことがなかった男性に、女性が「カッコイイ!」とクラクラすることもあるようです。そこで『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に、「久々に再会した幼なじみに思わずときめいた理由9パターン」を紹介します。

  • 【1】ビシッとしたスーツ姿を見たとき

    「鼻たれ小僧だった幼なじみが、スーツ姿で歩いているのを偶然見かけてドキッ」(20代女性)と、初めて見る同級生のスーツ姿に目を奪われる女性もいます。とはいえ、ヨレヨレだったり、靴が汚れていてはせっかくのスーツ姿も台無しなので注意しましょう。

  • 【2】男らしい低い声で話しかけられたとき

    「体つきがガッシリしてて、何より声が低くなっていてキュン」(10代女性)というように、落ち着きのある低い声に「大人の男」を感じるようです。自分の声に自信がある男性は、幼なじみの女性を見かけたら、恥ずかしがらずに思い切って声をかけてはいかがでしょう。

  • 【3】自分よりも背が高くなっていたとき

    「昔は私が見下ろしていたのに、久々に会ったら私が見下ろされていた」(10代女性)というように、昔は「小さくてかわいい」印象の男の子が、自分より背が高くなっていたとき女性はときめくようです。おもむろに「かわいいな」と女性の頭をポンポン叩くと、さらにキュンとしてしまうかもしれません。

  • 【4】大真面目に仕事の話をされたとき

    「昔はバカ話ばっかりしていたのに…。そのギャップにホレる」(20代女性)というように、仕事に打ち込む男性に、女性は頼もしさを感じるようです。「今何してるの?」と聞かれたら、仕事の大変さを愚痴るより、仕事への情熱を生き生きと語るといいかもしれません。

  • 【5】昔はやんちゃだったのに人当たりがよくなっていたとき

    「話しかけにくい雰囲気だったのが、ノリがよくなってた」(20代女性)というように、気をつかわずに話せて昔話が盛り上がる男性には、恋心も盛り上がるようです。話の中で、「キレイになったね」と女性をほめると、女性はグラッとくるかもしれません。

  • 【6】子供のころは母親の選んだ服を着ていた男性が、オシャレになっていたとき

    「最初は『似てる人だな』って思ったくらい(笑)」(10代女性)というように、オシャレになった男性を、女性はまさに「見違える」ようです。帰省シーズン中は、いつ誰と会ってもいいように、いくら近所でもだらしない恰好で歩かないほうがいいかもしれません。

  • 【7】他人への気遣いができるようになっていたとき

    「昔は送るなんてしなかったのに、帰りの夜道を心配してくれた」(20代女性)というように、男性の気遣いを感じたときに、女性はキュンとするようです。男性が車道側を歩くといった「女性相手ならでは」の心遣いをすると、女性は嬉しさに震えるかもしれません。

  • 【8】自分の名前を覚えていてくれて、呼び捨てにされたとき

    「ちょっと照れながら、名前を呼んでくれて…。その瞬間ズキュン!ときた」(20代女性)というように、何年たっていても自分を覚えていてくれていることに、女性は感動するようです。昔のニックネームで呼んでみても、時間が戻ったようで嬉しいかもしれません。

  • 【9】見た目は大人っぽくなっているのに、相変わらず素直だったとき

    「見た目は大人っぽくなってるのに、話すと昔と同じく素直のままでドキドキ」(10代女性)というように、一緒に遊んでいたころと中身が変わらない男性に、女性はホッと心を許すようです。「大人っぽくしなきゃ」と無理に背伸びをする必要はないかもしれません。

ほかにはどんな「久々に再会した幼なじみに思わずときめいた理由」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock