「この人、やっぱりA型だなあ」と感じるメールの特徴9パターン


「几帳面」「マメ」といった印象が強いA型ですが、その性格はメールのやりとりにも表れているもの。今回は『オトメスゴレン』女性読者のアンケートをもとに、「『この人、やっぱりA型だなぁ』と思う、A型男性のメールの特徴」を紹介します。

  • 【1】改行の使い方がうまく、全体的に読みやすい

    「どんな文章もレイアウトが必ずきれい」(20代女性)と、相手のためを思って読みやすく工夫されたメールには、さすがA型だと感じる人が多いようです。長文が続くときには、話題が変わるごとに1行空けるなどの工夫をすると、さらに読みやすくなるでしょう。

  • 【2】一通の中に色々な話題があっても、一つ一つしっかりコメントを返す

    「順番通りすべての話題に答えてくれて、律儀な人だと思った」(20代女性)と、面倒くさがらずに丁寧にコメントするところも、A型ならではの特徴のようです。ただし話題が増えすぎると収拾がつかなくなるので、ときにはコメントをスルーするのも大切でしょう。

  • 【3】長文のメールを送ると、長文で返してくる

    「自分と同じだけ考えてくれたのかなぁと嬉しくなる」(10代女性)と、決して適当な返信をしないところにも、A型特有の真面目さが表れているようです。ただし、テンポよくメールのやりとりをしたい場合は、短い文章にしたほうがいいかもしれません。

  • 【4】件名の「Re:」を必ず消してある

    「私は溜まってきたら消す感覚だったから、几帳面だなと思った」(20代女性)と、件名の入れ方ひとつでも、A型っぽさが感じられることがあるようです。「Re:」と同様に「無題」も消して、挨拶の一言を入れておくのもいいかもしれません。

  • 【5】少し返信が遅れただけで、必ず謝罪の一文が入る

    「『ごめん』だけじゃなく、遅れた理由までわざわざ説明してくれる」(40代女性)と、普段返信がマメなA型ほど、遅れた時の対応も丁寧になるようです。ただし、ほんの数分遅れただけで謝るのは相手にとっても複雑なので、気にしすぎないようにしましょう。

  • 【6】普段はくだけた会話をするのに、メールだとなぜか丁寧語になる

    「急にビジネスっぽいメールになるから不思議」(30代女性)と、普段の会話とメールの口調が違うところもA型男性の特徴と考える人もいるようです。丁寧語とタメ語のバランスは半々くらいにしたほうが、もう少し親しみやすさを出せるかもしれません。

  • 【7】「ら抜き言葉」や句読点の位置に関して、正確な文法を使う

    「やっぱり真面目に勉強してるんだろうなと思う」(10代女性)と、メールであっても文法を重んじるところに、A型っぽさが表れていると感じる人もいるようです。普段は若者言葉を使っている人ほど、メールで真面目な印象を与えられるかもしれません。

  • 【8】ジョークが通じず、意味を真面目に聞き返してくる

    「冗談で言ったのに『それってどういう意味?』と聞かれても…」(20代女性)と、軽いジョークが全く通用しないところも、A型の特徴のひとつのようです。冗談はユーモアとして素直に受け取って、相手の真意を分析しようとするのはやめましょう。

  • 【9】変換ミスをしたら、訂正した文章をもう一度送ってくる

    「たった一文字だけなのに、すぐさま送りなおすところがA型っぽい」(20代女性)と、ミスを発見したら放っておけない性格も、A型特有のもののようです。ただし自分のミスを改めるのは良いとしても、相手の変換ミスの揚げ足を取るのはやめておきましょう。

コラム中に書かれている血液型の特徴は、あくまで読者から寄せられた一部の意見です。血液型と性格の関連性に科学的根拠はありません。円滑なコミュニケーションのためのヒント程度に楽しんではいかがでしょう。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock