女子が思わず保護した彼氏候補からの「名メール」9パターン


男性から送られてきたステキなメールを、思わず保護する女性は少なくないようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子が思わず保護した彼氏候補からの『名メール』」をご紹介します。

  • 【1】「ひとつだけオレからのお願い。元気出して」という励ましのメール

    「元気がないって相談したときにきたメール。嬉しかったな」(20代女性)というように、この場合「ひとつだけのお願い」が「自分が元気になること」だった点が女性を喜ばせたようです。汎用性がある内容なので、元気のない女友達にこのまま送ってもいいでしょう。

  • 【2】「○○に好かれて、元カレが羨ましいよ」という過去の恋愛へのコメントメール

    「『羨ましいって、好きってこと!?』とテンション上がったー」(20代女性)というように、恋愛話への直接のコメントではなく、元カレへの思いを羨んだ点が女性に響いたようです。こういった変化球もアリだと心得ましょう。

  • 【3】「本当は直接言いたいけど、おめでとう」というハッピーバースデーメール

    「彼氏になったら直接言ってくれるのかなって期待大!」(20代女性)など、誕生日に会えなくても、メールにキュンとする女性もいるようです。「本当は直接言いたい」と、いう自分の思いをぶつけたところがポイントでしょう。

  • 【4】「さっきまで会ってたのに、もう会いたくなっちゃった」というデート帰りのメール

    「『楽しかった』はよくあるけど、『もう会いたい』には思わず赤面」(20代女性)など、女心をわしづかみにするメールだといえそうです。単なるデートの感想ではなく、ときには恥ずかしいくらい正直になる思い切りも必要でしょう。

  • 【5】「寂しいから起きて!」という深夜メール中の寝落ちに対するメール

    「メールしながら寝ちゃった日、朝起きたらこんなメールが…。かわいい!」(20代女性)というように、ときには甘えたメールを送ることで、女性からの好感度が上がることもあるようです。頻繁に使える手ではないので、ここぞという瞬間を見極めましょう。

  • 【6】「おまえが行くならオレも行こうかな」というサークル旅行への意欲メール

    「あんまり旅行に興味がなさそうだったのに、私が『行く』って言ったらこの返信…ドキッとした」(20代女性)など、短いメールでも端的に好意を伝えることはできるようです。普段クールなキャラの男性が送ったほうが、ギャップがあるぶん効果的かもしれません。

  • 【7】「オレなら寂しくさせないのに」という恋愛相談に対する男気メール

    「彼氏の悪口をさんざん言った私にこんな優しいメールをくれるなんて!」(20代女性)と、思わず胸キュンした女性が保護したようです。女性の相談は、解決策を求めていないことも多いものです。恋愛相談はチャンスととらえて、男気ある優しさを発揮しましょう。

  • 【8】「早く帰ってこいよ」という旅先でのメール

    「『私の帰る場所って彼のトコなのかも』って気分になった」(20代女性)というように、たった一言で恋心が加速する場合もあるようです。「早く会いたい」というよりも、「オレのところに」というニュアンスが含まれるところが男らしいポイントでしょう。

  • 【9】「○○は?」と突然呼び捨てにされたメール

    「普段呼ばれたことがなかったから、ドキッとして思わず保護」(20代女性)というように、はじめて呼び捨てにされたメールを保護する女性は意外に多いようです。ただし、あまり親しくなる前に呼び捨てにすると気を悪くする女性もいるので要注意です。

ほかにも「こんなメールが保護された」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock