「私、彼氏に世界一愛されてる…」と心から信じられる理由9パターン


どれだけ彼女のことを愛していても、それが伝わらなければ意味がありません。世の女性はどんなポイントから、彼氏の愛を深く感じるものなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『私、彼氏に世界一愛されてる…』と心から信じられる理由」をご紹介します。

  • 【1】病気で寝込むと大慌てで家に来て世話をしてくれるから

    「レジ袋いっぱいに食べ物と飲み物を詰めて持ってきてくれて嬉しかった」(20代女性)というように、彼女が病気で弱っているときに、心を込めて看病をすれば、当然ながら愛がしっかり伝わるようです。彼女の心細そうな様子を察したら、すぐに駆けつけましょう。

  • 【2】おにぎりや目玉焼きなど簡単な手料理でも「すげー旨い!」と感激してくれるから

    「彼氏のおいしそうな表情を見ると幸せになる」(20代女性)というように、彼女の手料理には大げさなくらい感動してみせると、愛情を確信してもらえるようです。好みの味ではないときも、「おいしい」「ありがとう」の言葉を欠かさないようにしたいものです。

  • 【3】「本当にすごいよねー」と何かにつけて手放しで褒めてくれるから

    「普段はダメな私も、彼氏といると勇気がわいてきます」(10代女性)というように、彼女のいいところを褒めまくれば、幸せな気分で包み込んであげられそうです。どんな些細なことでも見逃さないよう、日ごろからアンテナを張っておきましょう。

  • 【4】少しでも連絡が取れないと「事故にでも遭ったのかと思った」と心配してくれるから

    「ホント心配しすぎなんだけど、そういうところが好き」(10代女性)というように、常に彼女のことを気にかけていると、想いの深さが伝わるようです。ただし、行き過ぎると、「束縛」と取られる可能性があるので、ほどほどにしたいところです。

  • 【5】カラダだけを求めるのではなく、ハグしながら一緒に寝てくれるから

    「ただ抱きしめられているだけのほうが愛情を感じます」(20代女性)というように、むやみにエッチしたがるのではなく、ハグだけで愛を確かめ合うのもよさそうです。彼女の体調が悪いときなどは、無理に迫らず、いたわるようにしたいものです。

  • 【6】どんなに疲れていてもデートのときは必ず自宅まで送り届けてくれるから

    「見えなくなるまで手を振ってくれるところも好き」(20代女性)というように、何があっても彼女を家まで送ることで、大事に思っていることが伝わるようです。悪天候や遠距離の移動で疲れているときこそ、笑顔で彼女を送り届けましょう。

  • 【7】記念日でもない普通の日にサプライズしてくれるから

    「『なんか最近疲れていそうだから』と何でもない日にご馳走してくれて感動」(20代女性)というように、不意打ちのサプライズを通じて、変わらぬ愛を届けるパターンです。彼女が落ち込んでいるときなどに企画してはいかがでしょうか。

  • 【8】何年付き合っても変わらずに全身から「大好きオーラ」を出してくれるから

    「もういい歳のオッサンになったのに、相変わらず尻尾をブンブン振っている子犬みたいに愛らしいです」(20代女性)というように、何年経ってもあふれる気持ち全開にし続けて、愛情を証明する手もあります。クールな男を装うことなく、彼女の隣では思いっきりデレデレするといいでしょう。

  • 【9】会うたびに必ず「愛してる」と言葉にして伝えてくれるから

    「『好き』ってちゃんと言ってくれるから安心する」(10代女性)というように、彼女を愛する気持ちは言葉にしないと届かないこともあります。「そんなの今さら恥ずかしい」と感じてしまうような倦怠期のカップルほど、愛の言葉が必要なのかもしれません。

「弱っているときに力になる」「ちょっとしたことでも感謝する」「カラダよりも心のつながりを大切にする」などの行動で彼女に愛情を伝えることができそうです。照れずに実行してみましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock