女子に「話しやすい人!」と思ってもらうための会話術9パターン


飛び抜けてルックスがよくなくても、「話しやすい」と思われる男子は人気が高いもの。では、女子としゃべっているときにどう振る舞うと好印象を抱いてもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「女子に『話しやすい人!』と思ってもらうための会話術」をご紹介します。

  • 【1】まずは共感し、意見があってもあとから言う

    「大変だった状況をわかってくれないと、その後の意見も素直に聞けない」(20代女性)というように、自分の気持ちに寄り添ってもらうことが、心を開く前提条件になる女性は多いようです。とはいえ、やみくもに同意するばかりでは信用が得られないので、それなりに自分の見解も述べましょう。

  • 【2】すぐにいいところを見つけてすかさず褒める

    「『よくそこに気づいたね』とか、社交辞令でも悪い気はしない」(10代女性)というように、褒められて不快になる女子はいないもの。どんなつまらないエピソードのなかにもキラリと光る何かを探して、「いいな」と思う部分は、照れずに口に出してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】相手が興味を持っていそうな話題を振る

    「私は口下手なほうなんですが、うまくトスを上げてもらえるとしゃべれますね」(20代女性)というように、女性の話をうまく引き出してあげられると、好感度はグッと高まりそうです。聞き上手よりも「話させ上手」になることを意識してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】話の途中で口を挟まず、最後まで聞く

    「途中で自分の話にすり替えられるのは最悪かも」(10代女性)というように、話を横取りせずに最後まで聞く姿勢も、女性に重視されるようです。一区切り付くまで「うんうん、それで?」などと相槌を打ちながら、聞き役に徹しましょう。

  • 【5】上から目線でバカにしたりせず、対等に話す

    「他人にはバカバカしい悩みかも…ってことでも真剣に聞いてもらえると嬉しいですね」(10代女性)というように、どんな内容であっても真摯に受け止める男性は信頼されるようです。取るに足らない話のときこそ、「バカだなぁ」「アホやん」といった切り返しは封印したほうがいいでしょう。

  • 【6】本音はともかく笑顔でうなずく

    「ニコニコ聞いてくれる人には、気兼ねなくいろいろな話ができる」(20代女性)というように、笑顔は場の雰囲気を和やかにし、女性に安心感を与えるものです。気を抜いて無表情になってしまうと怒って見えることもあるので、意識的にほほ笑むように心がけましょう。

  • 【7】くだらない話でも、嫌な顔をせずに聞く

    「面白い話じゃなくてもちゃんと聞いてくれる人だと居心地がいい」(20代女性)というように、他愛もない会話が成り立つ相手に親しみを持つ女性は多いようです。起承転結やオチを求めず、「そんなこと考えてるんだ」などと心の中を覗く気持ちで聞いてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】否定的なことを言うにしても、「じゃないかな」「かも」などと語尾をボカす

    「『考え方は人それぞれ』というスタンスでいてくれると気楽に話せます」(10代女性)というように、頭ごなしに自分の考えを押し付けない姿勢も、女性には評価されるようです。ストレートに相手の考えを打ち消すような言い方は、自尊心を傷つけるので極力避けましょう。

  • 【9】仕事の愚痴をポロッと漏らすなど、たまには自分自身の弱みも見せる

    「いつも完璧だと思っていた人の人間らしい一面を見ると親近感がわく」(20代女性)というように、ときには自分の素の部分を見せてあげると、女性のガードが緩むかもしれません。「実は俺も…」と同じような悩みを抱えていることを明かせば、二人の距離は一気に近づくでしょう。

特別に話題が豊富でなくても、女子は様々な要素を見て「話しやすい」と判断しているようです。優しい心遣いで「居心地のいい人」だと思ってもらいましょう。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock