気づいてほしい!控え目女子が発している「誘ってサイン」9パターン


女性をデートに誘うなら、向こうもその気になっているタイミングを狙いたいもの。とはいえ、相手が奥手な女性の場合、意思表示が控え目すぎて、みすみす見逃してしまうこともあるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「気づいてほしい!控え目女子が発している『誘ってサイン』」をご紹介します。

  • 【1】「うんうん、それで?」と終始笑顔で、楽しそうに話に聞き入る

    「大胆なことはできないから、ひたすら笑顔でアピールした」(20代女性)というように、女性が自分の話に興味津々で耳を傾けてくれていたら、「誘って」の合図かもしれません。別れ際に「もっと話したい」などと名残惜しそうにして反応を見れば、本音をあぶり出せるでしょう。

  • 【2】「ほんとですか!すごい!」といちいちオーバーにリアクションする

    「『あなたに興味があります』っていう私なりのサインです(笑)」(10代女性)というように、わざと大げさな受け答えをして、こちらへの関心を示しているケースです。とはいえ、社交辞令の可能性も捨て切れないので、別の角度からも観察してみましょう。

  • 【3】「いつも週末は何してるんですか?」と休日について探りを入れる

    「デートの話に発展することを期待して、休日の過ごし方を尋ねた」(20代女性)というように、ふいに休みの日の話題を振られたら、ピンと来るべきかもしれません。ひと通り自分のことを話したら、「君は?」と聞き返してじわじわと核心に迫りましょう。

  • 【4】「それって女性でもできます?」と趣味について突っ込んだ質問をする

    「興味のある素振りをするのは、誘ってほしいから」(10代女性)というように、控え目な女性は「私もやってみたい!」とストレートには言えないようです。関心を示してもらえたら、こちらから「一緒にどう?」と助け舟を出す必要がありそうです。

  • 【5】会話しながら目を見つめたり、ふいにそらしたりする

    「相手の気を引くようなことを言えなくて、一生懸命目で訴えた」(20代女性)というように、頻繁に目が合ったりパッと視線を外すのは、何か意図があってのこととも考えられます。微笑みかけて笑顔を返してもらえたら、確信を深めてもよさそうです。

  • 【6】「最近熟成肉に興味があって…」とそれとなく食事デートのきっかけを作る

    「食べ物やお酒の話をしたら、『いいですね!』って乗ってもらえるかなと…」(20代女性)というように、さりげなく「食事デートに誘うチャンス」を提供してくれている場合もあります。「オススメの店は?」などと着実に話を前に進めたいところです。

  • 【7】「このお店ご存知ですか?」と行きたい場所を遠慮がちにアピールする

    「いつになく饒舌に売り込んで、お誘いを待った」(20代女性)というように、具体的にお店などを紹介されたら、誘わないほうが失礼かもしれません。奥手な女性の場合、「行きたいの?」などと尋ねてもあいまいな返答をされる可能性が高いので、思い切って「行きましょう!」とリードしてしまいましょう。

  • 【8】「もう行きました?」と人気のデートスポットについて話を振る

    「カップル向けの場所を取り上げたら、すぐ気づいてもらえそうだから…」(10代女性)というように、デートを連想させる話題には敏感に反応したほうがよさそうです。嘘でも「まだ行ってない」と答えれば、ほかにいい人がいそう…などと勘ぐられずに済むでしょう。

  • 【9】「今月は何も予定がなくて…」と隙を見せて誘われやすくする

    「物欲しげな言い方になるよう、私なりにがんばりました」(20代女性)というように、女性に「暇」をアピールされたら、誘わない手はないでしょう。それまでの会話を参考に相手に喜んでもらえそうな行き先を提案すれば、土壇場で断られることもなさそうです。

控え目なサインでも、気をつけていればなんとか察知できそうです。貴重なチャンスを無駄にしないようにしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock