ネットで仲良くなったけど…「重い!」と感じる男性の特徴9パターン


婚活サイトやSNSによって一般的になりつつあるネットでの出会い。しかし、実際に会うまでは相手の正体がよくわからないだけに、女性の警戒心は相当なものです。それを無視して距離を縮めようとすると、会う前に怖がられてしまうので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ネットで仲良くなったけど…『重い!』と感じる男性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】とにかく朝から晩までずーっと連絡を寄越す

    「暇なのか、私への関心が強すぎるのか、必死すぎてしんどい…」(20代女性)というように、のべつ幕なしにメールやLINEを送り続けるパターンです。だんだん相手の反応が悪くなってきたら、少し間隔を空けるなどの配慮が必要でしょう。

  • 【2】連絡は少ないものの1通のメールが長すぎる

    「手紙か!っていうくらい長くて、読むのも返事を考えるのも大変」(20代女性)というように、メールが長文すぎるパターンです。基本中の基本ですが、メールは相手女性の文字量にあわせるくらいのボリュームに抑えるのが無難でしょう。

  • 【3】会ってもいないのに一方的に「理想の女性」だと思い込む

    「『めちゃくちゃ気が合うはず』とか『絶対にかわいいでしょ?』とか、勝手に暴走されても困る」(20代女性)というように、ネットでの情報のみで理想の女性だと断言するパターンです。自分では褒め言葉のつもりでも、「何もわかっていないのに気持ち悪い」と思われるだけなので、控えたほうがよさそうです。

  • 【4】女性経験が少ないことを繰り返し強調する

    「多少の不手際には目をつむってと言い訳されてるみたいだし、自分が冷たくしたらどういう行動に出るのかわからなくて怖い」(20代女性)というように、恋愛初心者をことさらにアピールするパターンです。せいぜい「出会いが少ない」程度にしておきましょう。

  • 【5】まだ付き合うかもわからないのに将来設計を語り出す

    「婚活中って事情は分かるけど、あまりに具体的だと会う前から違和感ばかり際立つ」(20代女性)というように、理想の結婚を語りすぎてしまうパターンです。相手が水を向けてきたら答えるくらいに留めておきたいところです。

  • 【6】軽く下ネタを振ると突然水を得た魚のように食いつく

    「私はあえて少しエロい話を振って相手の出方を見ます。だいたい舞い上がってボロが出ます」(20代女性)というように、うっかり下ネタに乗って醜態をさらすパターンです。むしろ、「そんな話より…」などとはぐらかしたほうが紳士的に映って好印象かもしれません。

  • 【7】「自業自得では…」という過去の失恋をいまだに恨んでいる

    「どう考えても自分のせいなのに、相手を責めていると引くしかない」(20代女性)というように、失恋を引きずり続けているパターンです。過去の恋愛トークになっても元カノの悪口は厳禁でしょう。

  • 【8】「初顔合わせ」に向けて壮大なプランを練る

    「最初はちょっとお茶するくらいがいいのに、遠方にドライブとか怖い提案をしてくる」(20代女性)というように、初対面にしてはヘビーな計画を提案するパターンです。相手からのリクエストでもない限り、いきなり2人きりになるシチュエーションは避けたほうがよいでしょう。

  • 【9】いきなりスイッチが入って「好きだ」「真剣だよ」と言い出す

    「こっちのテンションおかまいなしに、自分一人で盛り上がってるのが怖い」(10代女性)というように、突然愛の告白をしだすパターンです。実際に会うまでは「毎日メールするのが楽しい」などと控えめに気持ちを表現するのが無難かもしれません。

2人の関係がいい感じになっていると思い込んでいるときほど、自分だけ突っ走りがちなもの。会ってみるまではわからない!と自制心を持ちましょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock