サバサバ系女子のオトメ心を発動させる「胸キュンな一言」9パターン


サッパリした性格の「サバサバ系女子」を恋愛モードに引き込むのはなかなか難しいもの。自分を「恋愛対象」として見てもらうには、どんな言葉を掛けるのが効果的なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「サバサバ系女子のオトメ心を発動させる『胸キュンな一言』」をご紹介します。

  • 【1】「あれ?髪型変えた?」と見た目の変化に気づいてあげる

    「明らかに照れてた。やっぱり女性だから嬉しいのかも」(20代男性)というように、「どこか雰囲気が違う」と気づいたら、相手を胸キュンさせるチャンスかもしれません。「なんか今日かわいいね」などと好意的な感想を伝えて、ドギマギさせてしまいましょう。

  • 【2】「重いから俺が持つよ」とさりげなく相手を女の子扱いする

    「一旦は断られたけど、最終的にはかなり喜んでもらえた」(20代男性)というように、力仕事を肩代わりしてあげるのもよさそうです。素直に応じてもらえない場合は、「じゃあ一緒に持とう」などと協力を申し出る言い方にすると、押し付けがましさが薄れそうです。

  • 【3】「どこか具合悪いの?大丈夫?」とちょっとした不調を気に掛ける

    「あとでかわいい『ありがとうスタンプ』が届いた」(10代男性)というように、体調不良を気遣うと、こちらの思いやりを身にしみて感じてもらえそうです。これを機にやりとりを活発にして、友達以上の関係に持ち込みたいところです。

  • 【4】「一人でがんばりすぎるなよ」と優しくダメ出しする

    「『うん…』としおらしい反応が返ってきて、こっちまでドキッとした(笑)」(20代男性)というように、いわゆる「男前」なタイプに見えるサバサバ系女子も、単に強がっているだけの可能性もあります。弱い部分に気づいてあげると、むしろホッとしてもらえるかもしれません。

  • 【5】「ピンクとか似合うと思うよ」とオトメな部分に訴えかける

    「ちょっと驚いてたけど、まんざらでもない様子だった」(20代男性)というように、「女子っぽいアイテム」を薦めてハッとさせる作戦です。「俺の中ではまったく違和感ないよ」などと言い添えると、女性として見ていることが伝わるかもしれません。

  • 【6】「君ははっきり物を言うから信用できる」と人間性を評価する

    「恋愛至上主義ではなさそうだから、人として好きっていう方向から攻めた」(20代男性)というように、恋愛とは別の角度からアピールして、個人的な関係に持ち込むのも手です。どの策で攻めるか、相手の性格などからしっかり見極める必要がありそうです。

  • 【7】「君のそういうとこ、ほんと好きだわー」と好意を匂わせる

    「告白めいたことを言ったら、『それって…』と照れてかわいかった」(10代男性)というように、いっそのこと想いをほのめかしてしまうのもアリでしょう。男性にはあまり見られない特長を「好きな所」として挙げると、「異性としての好き」だと気づいてもらえそうです。

  • 【8】「君みたいな子が彼女だったらなあ」と交際をイメージさせる

    「もし付き合ったら…という話をして、その気にさせた」(20代男性)というように、「カップルになった自分達」を想像させて、恋愛モードに引き込む方法です。ただし、ある程度親しい間柄でないと、「勝手な妄想」として片付けられてしまうおそれもあるでしょう。

  • 【9】「俺でよければいつでも相談に乗るから」と頼りがいのあるところを見せる

    「『この人に甘えてみようかな…と心がグラついた』と言ってました」(20代男性)というように、包容力全開で相手に向き合うと、気持ちを引き寄せることができそうです。下心が見え見えだと不信感が先に立ってしまうので、誠心誠意、力になってあげましょう。

女性として意識していることが伝わると、キュンとしてもらえるようです。必要以上に恋愛感情を隠さないほうが、ことがうまく運ぶかもしれません。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock