この人なら何でも話せる…と彼女を安心させる聞き上手テク9パターン


彼女の信頼を得るために欠かせないもののひとつが、「会話力」です。安心して本音を打ち明けてもらうためには、盛り上げ上手より聞き上手を目指したいもの。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「この人なら何でも話せる…と彼女を安心させる聞き上手テク」をご紹介します。

  • 【1】「大変だったね」など、まず彼女の苦労をねぎらう

    「仕事のトラブルを話したとき、開口一番『よく頑張ったね』と言われ、つい涙…」(20代女性)というように、問題があったときほど、労わってくれる彼氏の優しさが胸を打つようです。詳細を聞く前に、まず「味方」であることを示せば、彼女も心を開いてくれるでしょう。

  • 【2】いくら考えていても黙り込まず、きちんと相槌を打つ

    「ずっと無言だと聞いてないのかと思う。ちゃんと返事してほしい」(20代女性)というように、反応が見えないと「話に興味がない」と誤解されてしまうもの。真剣に考えている場合も、頷くだけでなく声に出して相槌を打つよう心がけてはいかがでしょうか。

  • 【3】「でも」「だけど」などの否定語は避け、基本的には同意を示す

    「『分かる』と言ってもらえると、それだけでほっとします」(20代女性)というように、発言の肯定や同意は、聞き上手のポイントのひとつです。反対意見を言う場合は、「でも」などの逆接はなるべく避け、「もしかすると…」などと仮定の話としてつなげると、受け入れてもらいやすそうです。

  • 【4】「なぜそうなったの?」など、相槌だけでなく質問も混ぜる

    「理由や原因を突っ込まれると、真面目に聞いてくれているんだなと思う」(20代女性)というように、相槌に質問を混ぜることで、真剣に聞く姿勢を示す手もあります。ただし、あまりにも的外れな切り返えしだと逆効果なので、話をきちんと整理しましょう。

  • 【5】手持無沙汰なときも、携帯やテレビには目を向けない

    「話している途中にテレビをつけられたら、一気に話す気が失せる…」(20代女性)というように、会話中にテレビや携帯に気を取られるのはご法度のようです。手持無沙汰な場合は、お茶を飲む、彼女の肩を揉んであげるなど、別の方法を考えてはいかがでしょうか。

  • 【6】会話が途切れたら「それで?」と、自分から話の続きを促す

    「言い淀んだときに放置されると、聞きたくないサインみたい。続きを促されると『話していいんだ』と安心します」(20代女性)というように、間が空いたときの対応にも気を配りたいものです。放任スタンスは女性には冷たく映りがちなので、「それでそれで?」と積極的に食い下がりましょう。

  • 【7】「マジで!」「ええー!」など、ときにはオーバーなリアクションをする

    「笑うポイントや怒るポイントで反応してもらえると、話しがいがある」(10代女性)というように、内容に応じて強弱をつけたリアクションは、話す側の手応えにつながるようです。ときには大げさな身振り手振りも交えてはいかがでしょうか。

  • 【8】話すことに意味があると理解し、明快な結論や対策を求めない

    「『結局どうしたいの?』とか聞かれても…。グチはゆるく流してもらいたい」(10代女性)というように、女性の愚痴には「ただ話したいだけ」のケースも多いもの。会話に結論を求める男性は少なくありませんが、ときにはにこやかに聞き流すことも必要かもしれません。

  • 【9】彼女が話し終えるまで、自分から話を切り上げようとしない

    「途中で話題を変えたりせず、最後まで聞いてくれるだけで『受け止めてもらえた感』がある」(20代女性)というように、自分のペースで話を切り上げないことも、彼女を安心させるようです。内容がループしていても、相手が満足するまで付き合ってあげてはいかがでしょうか。

彼女を安心させるポイントは、いかに彼女の話に興味があるか、自分が真面目に聞いているかを伝えることに尽きるのかもしれません。まずは「もっと聞きたい」という気持ちをアピールするとよさそうです。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock