「彼氏募集中」は建前…恋愛にイマイチ気乗りしない理由9パターン


意中の女性がフリーだとわかったら、攻めの姿勢でアプローチしたいもの。とはいえ、相手が恋愛そのものに乗り気でない様子なら、事情に合わせた迫り方をする必要があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『彼氏募集中』は建前…恋愛にイマイチ気乗りしない理由」をご紹介します。

  • 【1】休日や夜に独りぼっちでも、それなりに楽しく過ごせるから

    「今の状態にそこそこ満足してるから、下手に踏み込まれたくない」(20代女性)というように、独りが性に合っている女性には、強引に迫るのは控えたほうがよさそうです。友達付き合いから始めて、相手のペースを尊重しながら距離を縮めるといいでしょう。

  • 【2】相手の気持ちを推し量ったり、気を使うのがおっくうだから

    「彼氏は欲しいけど、付き合うまでの駆け引きとかがすでに面倒…」(10代女性)というように、思わせぶりな態度で気を引こうとしても、かえって難航しそうなケースです。もし脈がありそうなら、ストレートに告白したほうが心に響くかもしれません。

  • 【3】転職したて、試験勉強中などで、とにかく時間がないから

    「忙しすぎて、恋愛してる余裕がない!」(20代女性)というように、相手が多忙な時期に言い寄っても、「今は無理!」とあっさり断られてしまいそうです。状況が落ち着いた頃に「すごくがんばってたね!」などと声を掛けると、見守っていたことが伝わるでしょう。

  • 【4】デートで浪費するより、有意義なことにお金を使いたいから

    「本当に好きな人とならいいけど、むやみにデートしてもお金がもったいない!」(10代女性)というように、デートでの出費がムダに思えて、誘いを断る女性もいます。「公園でピクニック」などのシンプルなデートなら、OKしてもらえる確率がアップしそうです。

  • 【5】結婚を意識する年齢になり、気軽に恋愛できなくなったから

    「これ以上出会っては別れ…を繰り返せない!と思うと、踏み込めなくて…」(20代女性)というように、「次」に期待を掛けすぎて、身動きが取れなくなっているケースです。将来を考えるほどその女性が好きなら、真剣な交際を申し込んでもよさそうです。

  • 【6】次こそダメ男に引っかからないよう、自分を見つめ直したいから

    「失敗ばかりが続いたら、しばらく恋愛は自粛しなきゃ!って気になる」(20代女性)というように、「恋愛はもうこりごり…」と感じている女性は、かなりガードが堅そうです。辛抱強く誠意をアピールして、なんとか「自主規制」を解いてもらいましょう。

  • 【7】仕事や学業に情熱を注いだほうが、手応えを感じられるから

    「恋愛も楽しいけど、仕事がうまくいったときの充実感とは比べ物にならない!」(20代女性)というように、恋愛より仕事や勉強に重きを置く女性もいます。とはいえ、「気晴らしにどう?」などとお茶や食事に誘う程度なら、邪魔にはならないでしょう。

  • 【8】失恋の痛手を引きずっていて、これ以上傷つきたくないから

    「元カレを忘れられるまで、誰かを好きになったりできないと思う…」(10代女性)というように、つらい別れのせいで臆病になっているようなら、傷を癒す手助けをするといいでしょう。好印象を残しておけば、女性の中で恋心へと変化する可能性もありそうです。

  • 【9】誰にも気兼ねせず、自由に出掛けたり遊んだりしたいから

    「友達と会うのに彼氏の了承を得たりとか、不自由でイヤ!」(10代女性)というように、相手が束縛を嫌うタイプなら、「重い!」と思われない攻め方がよさそうです。もし誘いに乗ってもらえても、デートまでに何度も連絡して前言撤回されないよう気をつけましょう。

相手の気持ちを汲みながらアプローチすれば、うまくいく場合もありそうです。「今は恋愛したくない」と言われたら、さりげなく事情を尋ねてみましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock