女子にじわじわと距離を置かれてしまう「残念なLINE」9パターン


LINEで話が盛り上がって、気になる女性との距離が縮まるのはよくあること。その一方で、何気なく送ったメッセージがアダとなって、「この人とは合わない」と思われてしまうこともあるので、コミュニケーションには細心の注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「女子にじわじわと距離を置かれてしまう『残念なLINE』」をご紹介します。

  • 【1】「ふーん」「で?」など、相づち程度の短い返信で済ませる

    「私に興味なさそうだし、時間のムダかなと…」(20代女性)というように、そっけない返事を繰り返すと、やりとりを早めに切り上げられてしまうかもしれません。テンポも大事ですが、まだあまり親しくないなら、丁寧で愛想のいい受け答えを心掛けましょう。

  • 【2】「www」など、記号や絵文字のみで会話を成立させようとする

    「ほとんど私しかしゃべってないと思ったら、急にしらけた」(10代女性)というように、微妙なニュアンスを伝えようと絵文字などを駆使しすぎて、逆に薄っぺらな印象を与えてしまうパターンです。文字が多めのほうが賢く見え、会話も弾むでしょう。

  • 【3】相手の好みを無視したスタンプを連続投下してウケを狙う

    「途中からウザくなって完全スルー」(10代女性)というように、自分の趣味や感性をスタンプに託しても、女性の関心は引けなさそうです。話のオチとして使うのはアリですが、ウケてもウケなくても1、2発でやめておくのが賢明かもしれません。

  • 【4】「お返事待ってました!」とばかりに毎回即レスする

    「私に気があるのか単に暇なのかわからないけど、ちょっと引いてしまった」(20代女性)というように、つねに即対応するのも善し悪しのようです。「付き合ったら重そう…」などと誤解されても困るので、思うままに反応せずタイミングを計りましょう。

  • 【5】「今日の雲」「今日の猫」など、日誌代わりに写真を送りつける

    「なぜ私宛に送ってくるのか意味不明」(20代女性)というように、彼女でもない相手に日々の様子を報告しても、読み飛ばされるのがオチでしょう。最悪の場合ブロックされるおそれもあるので、向こうからの返信がないようであれば、即刻中止したほうがよさそうです。

  • 【6】「また先輩に八つ当たりされた…」と愚痴ばかりぶつける

    「いい加減にしろとも言えなくて、黙ってフェードアウトした」(20代女性)というように、暗い話題に終始すると、励ましはおろか、叱ってすらもらえずにやりとりが自然消滅するかもしれません。自分がもらって嬉しくない内容は、送るべきではないでしょう。

  • 【7】「夜遅くまでごめんね」と言いながらやりとりをダラダラと引き延ばす

    「始まると長くなるから、早い段階で返信をやめた」(10代女性)というように、実のない話を長時間続けるのも、相手をウンザリさせる一因のようです。節度と常識をわきまえながら、やりとりをもり立てて、気遣いができるところをアピールしましょう。

  • 【8】メッセージをもらって何日もたってから、平然と返信する

    「ごめんの一言もなく、話も途切れ途切れ…。付き合いきれません」(20代女性)というように、返事が遅すぎて愛想を尽かされるパターンです。とはいえ、謝罪の言葉があり、相手の気を引く内容であれば、たとえテンポが悪くても笑って許してもらえるでしょう。

  • 【9】「○時までに返事ください」と返信のタイムリミットを設ける

    「何様?と呆れてしまった。そんな窮屈なやりとり、楽しい訳がない」(20代女性)というように、返事を強制したり締切を設定したら、拒絶されるのも無理ないでしょう。相手が思わず反応したくなるような工夫をして、自然な形で会話を進めたいものです。

LINEは気軽にやりとりできる分、落とし穴も多そうです。惰性で続けずに適度な緊張感を保ちながらやりとりしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock