「もしかして重い男かも…」と警戒されてしまうNG発言9パターン


好きな女性と話していると、どうしても気持ちが高ぶってしまうもの。とはいえ、慎重にことを進めたいなら、うかつな発言をして「この人、なんか重そう…」などと距離を置かれないよう、しっかり自制したほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『もしかして重い男かも…』と警戒されてしまうNG発言」をご紹介します。

  • 【1】「レスくれなかったね」とやんわり既読スルーを非難する

    「意外と束縛とかする人なのかも…と、相手を見る目が悪いほうに変わった」(10代女性)というように、返信をくれなかったことを責めるような発言をすると、評価がガタ落ちしてしまうようです。「今、話せてるからいいか」とさっさと気持ちを切り替えましょう。

  • 【2】「そのシュシュ最近買ったの?」と相手の変化にいちいち言及する

    「指摘が細かくて、不快になった」(20代女性)というように、「ここが変わった」と気づいても、考えなしに本人に告げるのは危険かもしれません。ただし、髪型などの大きな変化は積極的に褒めて、好感度アップにつなげたいところです。

  • 【3】「何時間でも待つから大丈夫だよ」と心が広いというには異常な許容範囲を示す

    「親切の見返りとして勝手な期待を膨らませていそうで、怖くなった」(20代女性)というように、相手のすべてを受け入れようとすると、喜ばれるどころか不審に思われそうです。むしろ悪い所はきちんと注意したほうが、信頼してもらえるかもしれません。

  • 【4】「今週末はどこで何をする予定?」と行動を把握しようとする

    「監視されてるみたいでゾッとしたから、適当な答えでごまかした」(20代女性)というように、事細かに相手のスケジュールを探って嫌がられるケースです。遊びに誘うときは、先に用件を伝えてから相手の予定を尋ねれば、ヘンに警戒されずに済むでしょう。

  • 【5】「24時間いつでも連絡して」とやりとりのためならなりふり構わない

    「ずっと待たれてると思うと、逆に連絡しづらい…」(10代女性)というように、相手からのコンタクトを逃すまいと、万全の態勢で待ち構えるのも善し悪しのようです。わざと軽い調子で社交辞令っぽく伝えれば、気楽に受け止めてもらえるでしょう。

  • 【6】「ほかの男の話はやめてもらえる?」と嫉妬心をあらわにする

    「彼氏でもないのに何?と驚いた。付き合ったら面倒くさそう」(20代女性)というように、湧き上がった嫉妬心を抑え切れず、失態を演じるケースです。とはいえ、すでに両思いの確信があるなら、ヤキモチで相手を胸キュンさせるのも手です。

  • 【7】「君との子どもはかわいいだろうなあ」と未来を夢見て悦に入る

    「えっ…と思って見たら顔が本気で、キモかった」(20代女性)というように、うっかり妄想を炸裂させてしまったら、ギョッとされて当然かもしれません。夢を現実のものにしたいなら、今の関係を冷静に見つめて、礼儀正しく会話を進めましょう。

  • 【8】「君ほどの人にはこの先一生出会えないと思う」と女性を神格化する

    「思い込みが激しいというか、ストーカーっぽいですよね」(20代女性)というように、大仰な表現で相手を賞賛すると、あらぬ疑いを持たれるおそれもあります。今後はこの手の発言を一切封印し、また一から信頼を回復していくしかなさそうです。

  • 【9】「君のためなら俺は何でもする!」と勝手に意気込む

    「押しが強すぎて受け止めきれないので、しばらく連絡を絶つことにした」(20代女性)というように、進んで犠牲を払おうとして裏目に出るケースです。「いつでも力になるよ」などと控え目にアピールしたほうが、いざというときに頼ってもらえるでしょう。

たとえ本心でも、現時点では口にしないほうがいいこともあるようです。内心では舞い上がっていても、本人の前では冷静でいましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock