ヤリたいだけでしょ…デート中に下心を見抜かれる行動9パターン


好きな女の子に触れたいと願うのは、ごく自然な男の欲求でしょう。だからといって、デート中に「もしかしてカラダだけが目当て?」と思われてしまったら、相手のガードも固くなってしまうので、慎重に振る舞う必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ヤリたいだけでしょ…デート中に下心を見抜かれる行動」をご紹介します。

  • 【1】「こんなかわいい子見たことない」などと不自然に褒める

    「唐突すぎて心に響かなかったし、何か焦っていると感じた」(20代女性)というように、いきなり相手をべた褒めすると、「何か裏があるのかも」と勘繰られてしまうようです。漠然と褒めるのでは、なおさら嘘っぽく聞こえるので、具体的なチャームポイントを挙げるといいでしょう。

  • 【2】「カラオケに行かない?」などとしつこく個室に誘う

    「思い切り晴天のデート日和になぜカラオケ?」(10代女性)というように、強引に人目につかないところに行こうとするのも、女の子に警戒心を抱かせてしまうようです。二人きりになりたければ、甘いムードに持ち込むのが先決かもしれません。

  • 【3】「DVD貸してくれる?」などと口実を作ってとにかく家に上がろうとする

    「ちょっかい出すつもりなのは確実!と頭の中で警報が鳴り響きます」(20代女性)というように、一人暮らしの部屋に上がりこもうとして、拒絶されるパターンです。相手から「家にこない?」と誘われるまで根気よく待ちましょう。

  • 【4】「うんうん、そうだね」などと会話に上の空で胸の谷間ばかり見る

    「視線の先に何があるのか、バレバレです!」(20代女性)というように、女の子のカラダばかり見ていて、下心を見抜かれるケースです。気を抜くと胸ばかり見てしまう人は、相手の目を見て話すように意識したほうがいいかもしれません。

  • 【5】「なんか眠くなってきたわ…」とすぐにどこかへ行って休もうとする

    「絶対にホテルか部屋に行こうとしているでしょ!と突っ込みたくなります」(20代女性)というように、やたらと休憩したがるのも、ヤリたいからだと見なされてしまうようです。そもそもデート中に「眠い」などと言うのは失礼でしょう。

  • 【6】「マッサージしようか?」などと強引にスキンシップをする

    「絶対に胸を触ろうとするに決まってる!と思います」(20代女性)というように、唐突にマッサージを提案しても、ドン引きされるだけかもしれません。女の子に「マッサージしようか?」と言って許されるのは、プロのマッサージ師だけだと心得ましょう。

  • 【7】「まま、一杯どうぞ」などと強めのお酒を勧める

    「酔わせて何かしようとしている。卑怯です」(20代女性)というように、むやみやたらとお酒を勧めるのも、よこしまな気持ちがあるからだと思われてしまうようです。酔わせようと意気込むより、気持ち良く酔ってもらえるようにエスコートしたいところです。

  • 【8】「時間なんて忘れなよ!」などと終電間際に言う

    「この人、私を帰さないつもりだと確信しました」(20代女性)というように、強引に相手の帰宅を妨害するのも、「人としてどうなの」と思われてしまうようです。どうせなら、本当に時間を忘れてしまうくらい楽しい時間を作ることに集中してはいかがでしょうか。

  • 【9】「ぶっちゃけ好きになりました!」などとお酒の力を借りて告白する

    「単に今夜ヤリたいだけでしょと感じて、一気に冷めました」(20代女性)というように、まだ関係が深まる前に勢いで告白しても、気持ちがこもっていないことがバレてしまうようです。お近づきになりたいときこそ、急がば回れの精神が大事なのかもしれません。

女の子からすると、「ヤリたい」という気持ちは「顔に書いてあるくらいわかりやすい」ものなのかもしれません。デート中はいきり立つ性欲を鎮めて、紳士的に距離を縮めていきたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock