もう無理かも!遠距離恋愛中の彼女に愛想をつかされた行動9パターン


何かあってもすぐに会うことが難しい遠距離恋愛中は、軽はずみな行動が彼女の不安をかきたててしまうこともあります。二人の関係を壊したくなければ、先達の意見に耳を傾けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「もう無理かも!遠距離恋愛中の彼女に愛想をつかされた行動」をご紹介します。

  • 【1】「めっちゃ楽しい!」と女性も同席する飲み会の写真を送る

    「何で知らない女と飲んでいるの?『これはもうダメかも』と思います」(20代女性)というように、遠い街にいる彼女にとって、女性をまじえた楽しい会食の模様は、決して嬉しいシーンではないようです。たとえやましいことはなかったとしても、わざわざその出来事をアピールする必要はないでしょう。

  • 【2】「昨日も話したじゃん」と、ダルそうに電話に出る

    「こっちは時間を割いているのに、そんなに面倒なのかと思うと残念です」(10代女性)というように、電話口から気乗りのなさを悟られるのも大きなマイナスポイントになりそうです。彼女が話し始めたら聞き役に徹するなど、コミュニケーションを重んじる姿勢を見せましょう。

  • 【3】「ホントに女友達といるの?」と遊びに出るたびに画像送付をせがむ

    「信頼されてないのがみえみえだし、そもそも遊ぶたびに写真を送るなんて面倒で仕方がない」(20代女性)というように、彼女の行動を把握しようとしすぎて、イラッとされるパターンです。せがむだけではなく、まずは自分から画像を送ってみると、自然に近況を送ってもらいやすくなるかもしれません。

  • 【4】「また今度でいいんじゃない?」と貴重なデートをおっくうがる

    「話したいことが一杯あるのに!マジギレしたくなりました」(10代女性)など、デートに消極的な姿勢を見せるのは、いくらなんでもまずいようです。体調不良などでデートをキャンセルする場合には、「ホントに会いたいけど…」と精一杯残念がってみせるのが彼女への愛情表現になるでしょう。

  • 【5】「自由でのびのびできるわー」と独り身の満喫をアピールする

    「それで満足されているようでは付き合ってる意味がない」(20代女性)というように、会えなくても平気そうに振る舞うと、付き合いの意義そのものを疑われてしまうようです。ときには心細さをアピールするぐらいがちょうど良いかもしれません。

  • 【6】「ま、所詮遠距離だからね」と彼女の寂しさを無視する

    「投げやりな態度にゲンナリしました」(10代女性)というように、離れ離れの辛さを軽んじる言動は彼女を深く傷つけてしまうようです。「寂しい想いをさせてるけど、何かしてほしいことある?」などと、気遣いの言葉を織り交ぜていってはどうでしょうか。

  • 【7】「田舎だと刺激もないでしょ?」と彼女の住む街をけなす

    「彼氏のほうが都会かもしれないけど不愉快」(20代女性)というように、彼女が住む街をディスるのもいい気分にはさせないようです。むしろ「旨い魚が食べられてそっちがうらやましいよ」などと持ち上げるのが正解でしょう。

  • 【8】「忙しくて電話する暇もないよ」とフェードアウトをほのめかす

    「愛のなさを感じてしまいます」(10代女性)というように、連絡できないことを多忙のせいにするのは彼女の心証を害してしまいそうです。電話ができなくとも、LINEスタンプに一言添えるなど、気持ちを乗せたメッセージを送るようにしましょう。

  • 【9】「じゃあホテル行こうか」と、貴重なデートでろくに会話もしない

    「いきなりホテルって…ムードも何も感じません」(20代女性)というように、欲望だけをストレートに表すのは思いやりに欠ける行動かもしれません。久しぶりに会えた喜びの共有を大事にしたいものです。

離れた場所で過ごしているからこそ、行動や言動にはいっそうの配慮が求められそうです。破局を迎えたくなければ、常に彼女視点で考えた行動が望ましいでしょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock