最後まで優しく!彼女の気持ちに配慮した「別れ方」9パターン


彼女を1ミリも傷つけずに別れを切り出すのは、さすがに不可能に近いもの。とはいえ、相手に与えるダメージを最小限に抑えるべく精一杯努力すれば、大好きだった女性を必要以上に悲しませずに済むかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「最後まで優しく!彼女の気持ちに配慮した『別れ方』」をご紹介します。

  • 【1】メッセージや電話ではなく、面と向かって別れの意思を伝える

    「すごく悲しかったけど、彼氏の誠意を感じて、この人を好きになってよかったと思った」(20代女性)というように、しっかり相手の目を見て別れを告げれば、真摯な気持ちが伝わるでしょう。公園など、多少人目のある場所のほうが、落ち着いて話を聞いてもらえそうです。

  • 【2】連絡回数を減らすなど、ある程度別れを予感させてから本題に入る

    「自分も心の準備ができたし、今思えば彼氏なりの優しさだったのかも…」(20代女性)というように、別れを切り出す前に、わざと彼女と距離を置く方法です。その間に別の女性に手を出すと単なる「浮気男」になってしまうので、節度ある行動を心がけましょう。

  • 【3】「それなら仕方ない」と納得してもらえるような理由を挙げる

    「お互いのためを思っての決断だと分かって、少しショックがやわらいだ」(10代女性)というように、思いやりに満ちた説明を加えるのも、好ましいアプローチでしょう。話を盛って相手を説得するのも悪くはないですが、すぐバレそうな嘘だけは避けたいところです。

  • 【4】「いつまでに別れたい」などと期限を設けず、十分に時間をかける

    「もし『別れ話をして即終了』だったら、失恋の痛手を引きずってたと思う」(20代女性)というように、余裕を持って話を進めると、相手も事態を受け入れやすくなるようです。とはいえ、何ヵ月も引き延ばすのは、双方にとって無益かもしれません。

  • 【5】彼女から用件のない連絡が来ても、できるだけ丁寧に対応する

    「完全に嫌われたわけじゃないって実感できて、慰められた」(20代女性)というように、別れの意思を伝えたあとも、愛想よく振る舞ったほうがよさそうです。友達に示す程度の親切心であれば、へんに期待を持たせるようなことにはならないでしょう。

  • 【6】心変わりを疑われても、ほかの女性の話は全力で回避する

    「二股かけられてなかったのが、せめてもの救い」(20代女性)というように、自分以外の女性の存在は、最後まで耳にしたくないのがオトメ心のようです。彼女との交際に終止符が打たれるまでは、気になる女性へのアプローチは控えるのが賢明でしょう。

  • 【7】相手が満足するまで、話を聞いたり質問に答えたりする

    「言いたいことも言えたし、相手の気持ちも理解できたから、寂しいけどスッキリした」(10代女性)というように、彼女の気が済むまでとことん向き合えば、円満にお別れできるかもしれません。怒りをぶつけられてもカッとせず、低姿勢で耳を傾けましょう。

  • 【8】泣かれても前言撤回せず、心を鬼にして当初の決意を貫く

    「別れたりくっついたり…。残酷な終わり方だった」(20代女性)というように、ひとたび別れを宣言したら、情にほだされて意見を変えたりしないほうが、相手を苦しませずに済みそうです。譲らない姿勢を見せて、真剣に考えた結果だと分かってもらいたいところです。

  • 【9】「今日で最後」という日は、極力彼女の希望を尊重して決める

    「最終的な決断を自分でしたことで、二人で決めた別れだと納得できた」(20代女性)というように、さよならするタイミングを相手に委ねると、対等な関係のまま別の道を進めそうです。「彼氏に振られた」という悲観的な認識を持たせないことが大事でしょう。

自分のせいで彼女の明るさを損なってしまわないよう、最高の別れ方を模索しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock