ベタでも憧れ!女子が妄想する「告白のシチュエーション」9パターン


「一度でいいから、こんな風に想いを告げられたい…」と理想の告白シーンを思い描いている女性は少なくないもの。少しでも似た状況を演出できると、気になる女性からOKをもらえる可能性が高まるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ベタでも憧れ!女子が妄想する『告白のシチュエーション』」をご紹介します。

  • 【1】二人で雨宿りしているとき急に見つめられて「付き合ってほしい」

    「漫画によくある場面ですが、やっぱりドキドキしちゃうと思います」(10代女性)というように、思わぬハプニングで急接近するパターンです。軒下から空模様を仰ぎ見るふりをして、思い切って顔を近づけてみると、それっぽいムードに持ち込めるかもしれません。

  • 【2】ドライブ中、不意に黙ったかと思ったら「ずっと好きだったんだ」

    「私に限らず女子は不意打ちに弱いですよ(苦笑)」(20代女性)など、予期せぬタイミングで愛を告げる作戦です。必ずOKしてもらえるとは限らないので、その後のドライブに差し支えないように、断られたときの対応も考えておきましょう。

  • 【3】ほかの異性の話をしていたら、急に嫉妬し始めて「俺以外の男を見るな」

    「機嫌が悪くなった理由はヤキモチだなんて、かわいくて萌えます」(20代女性)というように、ほかの男性へのジェラシーから好意が垣間見えるのも、女性を悶絶させるようです。ただし、嫉妬を前面に出し過ぎると見苦しいので、あくまでもきっかけくらいに留めましょう。

  • 【4】飲み会中に呼び出されて「このあとゆっくり二人で話したい」

    「シックなバーで『二人だけの二次会』を開催して、じっくり口説いてほしい」(20代女性)など、仲間内での飲み会を、急遽、告白シーンに仕立ててしまう戦略です。飲み会の店の近くに、落ち着ける場所をあらかじめ見つけておく必要があるでしょう。

  • 【5】カラオケでラブソングを歌ったあとに「今のが俺の気持ちだから」

    「歌をささげられるのとか最高でしょ」(10代女性)というように、歌声にのせて想いを伝えるのも喜ばれるでしょう。ただし、選曲や歌唱力に難があると単にイタいだけで終わってしまうので、よほど自信があるのでない限り、慎重に検討したほうがよさそうです。

  • 【6】家まで送ってくれた別れ際に「本当はまだ離れたくない」

    「門の前で別れを惜しむようにして…みたいな(笑)」(10代女性)など、離れ難い気持ちをストレートに表現すれば、同じ気持ちになってもらえるかもしれません。相手に拒む気配がなければ、軽くハグするのも効果的でしょう。

  • 【7】エレベーターにたまたま乗り合わせて「やっと二人になれた」

    「狭い空間に二人っきりって状況はたまらないですよね」(20代女性)というように、エレベーターなどの密室は、告白にもってこいの場といえそうです。ほかの人が乗って来る前に言い終えるためにも、グズグズしないように気をつけたいものです。

  • 【8】同窓会で久しぶりに再会したクラスメイトに「今でもやっぱり好きだ」

    「『あのとき好きだったの気づいてた?』って聞かれて『うん』と答える流れで」(20代女性)など、しばらく会っていなかったインターバルを逆手に取るやり方です。万が一、茶化されたりしたときは、脈がないとあきらめる潔さも求められるでしょう。

  • 【9】仕事帰り、ビルの前に待ち伏せされて「どうしても会いたくなった」

    「ドラマみたいで憧れます!」(20代女性)というように、恋する気持ちを行動力で示せば、熱意がストレートに伝わりそうです。待ちぼうけを食ったりすることのないように、事前のリサーチも怠らないようにしましょう。

思い描いていた通りの状況での告白なら、思わずOKしてしまう女性も少なくなさそうです。夢を壊さないよう、事前準備を抜かりなく済ませて、スマートにロマンティックな場面を演出しましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock