服装自由の職場でも「さすがにやりすぎ」のクールビズ9パターン


服装にこれといった規定がない職場では、夏になるとついついラフな格好をしがちなもの。とはいえ、会社はあくまで「仕事をする場」なので、常軌を逸するようでは、同僚女性から白い目で見られてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「服装自由の職場でも『さすがにやりすぎ』のクールビズ」をご紹介します。

  • 【1】歩くとペタペタ音がする「ビーチサンダル」

    「サンダル履きの人とはランチも一緒に行きたくない」(10代女性)というように、ビーチサンダルをはく男性を「恥ずかしいから社外に出すまい」と考える女性は多いようです。たとえ接客の一切ない仕事でも、同僚への最低限の礼節として「NG」と心得ましょう。

  • 【2】思い切りリゾートな雰囲気の「アロハシャツ」

    「夏休みっぽいんだよね…」(20代女性)というように、軽快すぎるイメージゆえに、アロハは職場になじまないと思われるようです。どうしてもアロハを着たいのであれば、無地やストライプ、最大限派手でもドット止まりにするなど、極力大人しいデザインのものを選びましょう。

  • 【3】露出が大胆すぎる「タンクトップ」

    「ふとした瞬間に脇毛が見えるのはちょっと(苦笑)」(20代女性)というように、肌見せが豪快なタンクトップは女性から敬遠されることが多いようです。体感温度を下げるのがクールビズ最大の目的ではありますが、オフィスの雰囲気を損なわない気遣いも大切でしょう。

  • 【4】すね毛がまぶしい「短パン」

    「ズボン丈が短すぎるのは特にダメ!」(20代女性)というように、むき出しの男性の脚を前にして、目のやり場に困る女性も少なくありません。除毛や脱毛を万全にしたところで、高評価につながるわけでもなさそうなので、丈の短いパンツ自体が「ご法度」と思ったほうがいいでしょう。

  • 【5】仕事モードに見えない「フェスTシャツ」

    「完全にオフの日の格好だと思う」(10代女性)というように、多少のネタ要素もあるフェスTシャツは、仕事着には適さないようです。ただし、カジュアルなジャケットのインナーとして着るのであれば、見える面積も少ないので「アリ」かもしれません。

  • 【6】胸毛が見えるほどボタンを外した「柄シャツ」

    「『セクシーな俺』をアピールされても対応に困る」(20代女性)というように、暑いからといって柄シャツのボタンを外しすぎると、男の色気全開で迫っているように見られそうです。キャラ的に合っていれば構いませんが、一般男性が挑戦するのは控えたほうが無難でしょう。

  • 【7】パジャマになりそうな「スウェット」

    「お洒落スウェットならいいけど、たいていの人は部屋着にしか見えない」(10代女性)というように、ファッションアイテムとして定番化したスウェットですが、意外に着こなしの難易度は高いようです。お洒落初心者は無理な挑戦はしないほうがいいでしょう。

  • 【8】乳首が透けてしまう「白Tシャツ」

    「薄手のTシャツから乳首が透けて見えるのは最悪」(20代女性)というように、涼感優先でアイテムを選ぶと、思わぬ落とし穴がありそうです。色つきのものであれば、どんなに生地が薄くても透ける事故は起きづらいので、心配なら白を避けてはいかがでしょうか。

  • 【9】夏休みの小学生のような「ストローハット」

    「たとえ出勤中だけでもいかがなものかと思います」(10代女性)というように、日差しよけだとしても、麦わら帽子をかぶっての出勤に納得できない女性もいるようです。キャップや布製のハットであれば、少しは印象がマシになるかもしれません。

肌や体毛の露出が大胆すぎる、だらしなく見えるなどのポイントが、女性に敬遠される「やりすぎクールビズ」と言えそうです。体感温度を下げるのと同時に、職場の雰囲気も盛り下げてしまわないよう気をつけましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock