祝福する気ないの?結婚が決まった女友達に誤解される発言9パターン


周囲の女友達から「実は私、結婚するんだ」と打ち明けられたら、素直に祝福するのが大人の男の振る舞いでしょう。何かとデリケートなこの時期には、冗談のつもりの軽口でも、思わぬ怒りを買いかねないので、慎重に言葉を選んだほうがいいかもしれません。そこで今回は、20代から30代の女性に聞いたアンケートを参考に「祝福する気ないの?結婚が決まった女友達に誤解される発言」をご紹介します。

  • 【1】明らかに無関心な「結婚するんだ。ふーん、おめでと」

    「興味なくても態度に出さないでほしい」(20代女性)というように、つまらなそうに返事をすると、やはり怒りを買ってしまうようです。まずは嘘でも「え、マジマジ?おめでとう!」くらいのテンションで祝うのがマナーではないでしょうか。

  • 【2】幸せ気分に水を差す「最近は公務員も安泰じゃないらしいね」

    「たとえ本当のことでも、このタイミングで言うべきことではないと思う」(20代女性)というように、いわゆる「勝ち組」との結婚を皮肉るのも嫌なムードを招きそうです。本人が結婚相手に満足しているようなら、「いい人を捕まえたね」などと持ち上げるのが無難でしょう。

  • 【3】嫌味にもほどがある「意外と普通な感じだね。妥協したの?」

    「それって相手がイマイチってこと?と突っ込みたくなる」(30代女性)というように、相手の男性がイケてないと思っても、それを口に出すのはいただけません。「ぶっちゃけ妥協したな…」と感じたとしても、心の中に留めておきたいところです。

  • 【4】明らかに結婚相手をディスっている「どこがよかったの?性格?」

    「全部が好きなんですけど!と言い返したくなった」(20代女性)というように、遠回しに相手の男性の存在自体をけなすのも失礼なことです。「親しみやすいカレなんだね」などと、無理矢理にでも褒めどころを探しましょう。

  • 【5】ライバル心をのぞかせる「まさか先を越されるとはなぁ」

    「え、そこ気にすること?って思いました」(20代女性)というように、先に結婚されたからといって悔しがるのも、心の狭い男性のすることです。ライバル心を燃やすのではなく、結婚の先輩としてリスペクトしたほうが、器の大きさを周囲に印象付けられそうです。

  • 【6】ポロッと本音がこぼれる「もったいない。もっと遊べばいいのに」

    「なにその『結婚は人生の墓場』的な発想…」(20代女性)というように、結婚することをネガティブにとらえるような発言も、人間性を疑われるようです。頭の中で何が思い浮かんだにしろ、ひとまず「幸せな家庭を築いてね」などと、前向きなコメントをしましょう。

  • 【7】デリカシーがなさすぎる「で、相手の年収はどのくらい?」

    「それ、自分が聞かれたらどう思う?と言い返しました」(20代女性)というように、直球で相手の経済レベルを聞くのも、あまりに下世話すぎるというものです。どうしても気になるなら、「結婚したら仕事辞めるの?」などと遠回しに探ってみてはいかがでしょうか。

  • 【8】いくらなんでも失礼すぎる「結婚ラッシュで祝儀貧乏だわ」

    「コイツ、自分のことしか考えていないんだなって思いました」(20代女性)というように、結婚の報告を聞いて、披露宴に自分が呼ばれるかどうかもわからないのに懐具合を気にするのは無粋というもの。祝儀貧乏が事実だとしても、これから結婚する人の前で愚痴るのは控えましょう。

  • 【9】冗談では通じない「結婚できないと思ってたわ(笑)」

    「とっさに『あんたに言われたくないよ!』と言ってしまった(苦笑)」(20代女性)というように、結婚を決めたことに真顔で驚くのは、ちょっと失礼すぎるかもしれません。実際にかなりびっくりしたとしても、「いい人が見つかってよかったね」などと機転を利かせたいものです。

結婚までの経緯や、相手について尋ねるのは後回しにして、ひとまずどうやって祝福するのか頭を働かせたいところです。そうすれば幸せのおすそ分け的な感じで、フリーの女の子を紹介してもらえる可能性も出てくるかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock