婚約破棄も致し方なし…白紙撤回につながる地雷行為9パターン


誰だって「結婚」という人生の一大イベントを前にしたら、デリケートになってしまうもの。愛する彼女に婚約破棄を言い渡されることがないように、撤去できる地雷は早めに取り除いておきたいものです。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「婚約破棄も致し方なし…白紙撤回につながる地雷行為」をご紹介します。

  • 【1】「あの子セクシーじゃない?」とほかの女性に目を奪われる

    「結婚してもほかの女に目移りしているところを想像して萎えます」(20代女性)というように、フィアンセの前で別の女の子の品定めをするのはご法度のようです。当たり前のことですが、二人でいるときは彼女だけを見つめましょう。

  • 【2】「頼むから一生働いて」と稼ぎ頭としてアテにする

    「養ってもらうつもりで結婚するのかよ!とドン引き」(20代女性)というように、仕事を辞めないでほしいとお願いしたら、頼りないと思われてしまったケースです。どんなに好きな仕事でも、「一生働け」と言われたら嫌になるのが人情なので、相手に依存しない経済力を身につけたいものです。

  • 【3】「結婚式のお金はそっちで出して」と不公平な費用負担を強制する

    「詐欺かと疑うレベル…」(30代女性)というように、お金がないからといって、彼女の負担ばかりを増やすのも考えものです。結婚後にしこりを残したくなければ、家族や親戚を頼ってでも、費用面での不公平感をなくしましょう。

  • 【4】「夕食のおかずは最低でも5品以上な!」と理不尽な要求をする

    「自分で作る気ない上に、上から目線でどういうこと?と怒りを覚えた」(20代女性)というように、婚約したとたん、彼女を召使いのように扱って、反感を買うパターンです。自分でやるならともかく、家事や食事について過度な要求をするのは理不尽でしょう。

  • 【5】「ママの意見を取り入れたい」と二人の問題にいちいち母親を介入させる

    「結婚してからもママ、ママって言いそう」(20代女性)というように、親の意見を尊重しすぎても、マザコンを疑われてしまいます。当たり前のことですが、結婚生活は二人のものなので、基本的にはすべて自分たちで話し合って決めましょう。

  • 【6】「結婚したらスポーツジムは退会してね」と趣味に口出しする

    「コイツ、昭和か?と思いました。結婚したらなんでも思い通りになると勘違いしていたみたいです」(30代女性)というように、結婚するからといって、彼女の生活に口を挟みすぎるのは問題でしょう。長い共同生活が始まるからこそ、よりいっそう相手の生活を尊重してあげてはいかがでしょうか。

  • 【7】「長男だから当たり前」と家族との同居を求める

    「今どき同居なんて…。わざわざ苦労を買って出るようなもんですよね」(20代女性)というように、自分の家族との同居をゴリ押しするのもまずそうです。「長男だから」と押し切るのではなく、「ワガママを聞いてほしい」とお願いするスタンスなら、少しは検討してもらえるかもしれません。

  • 【8】「いくつかローンがあって…」と借金が判明する

    「それ、婚約前に言えや!と思いました」(20代女性)というように、「借金」ほど悪質な隠し事はないようです。安易にローンを組まないのはもちろん、できれば婚約前にすべて返済しておきましょう。

  • 【9】「信仰を共にしよう!」と宗教への入信を迫る

    「彼のことは好きでもそれは無理」(30代女性)というように、宗教の問題で婚約が白紙撤回になることもあるようです。お互いの信仰の自由を守り、理解し合うことが平和な結婚生活につながるのではないでしょうか。

結婚したら、女はなんでも言うことを聞き、文句を言わずについてくる、という昭和的な価値観が婚約破棄を招くようです。結婚は他人だった二人の共同生活の始まりであることを忘れず、お互いの価値観を尊重しましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock