急なデートの誘いでも女性がOKしてくれた理由9パターン


急な思い付きで女性をデートに誘っても、断られる可能性が高そうですが、タイミング次第ではOKをもらえる場合もあるようです。そんな女性にとって「渡りに船」のシチュエーションを知っておくと、いざというときに役に立つかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「急なデートの誘いでも女性がOKしてくれた理由」をご紹介します。

  • 【1】期間限定オープンのショップに誘われたから

    「期限を区切られたら、早く行かなきゃ!という気になる」(10代女性)というように、開催期間が限られているイベントなどに誘われると、焦りから思わず「行く!」と答えてしまう女性も多いようです。誘いのチャンスを逃さないよう、日ごろから情報を収集しておきたいところです。

  • 【2】給料日前で金欠だったので誰かに夕食をごちそうしてほしかったから

    「節約生活が続いていたので、焼肉の誘いにふらふらとOK」(20代女性)というように、金欠女子にとって「おごり」は魅力的な餌になるようです。ただしこの場合、単なるお財布代わりにされてしまうだけなので、関係の発展までは望めないかもしれません。

  • 【3】遠方のアウトレットに車で誘われたから

    「言い方は悪いですが、『足』になってくれるというのはこっちも助かります」(10代女性)など、自力では行きづらいスポットへの誘いも魅力的に映るようです。車中では二人きりになれるので、次につなげられるように距離を詰めていきたいものです。

  • 【4】大変な試験や仕事を終えたばかりで発散したかったから

    「張りつめていた気持ちが緩んでホッとしていたので、自然な流れで『うん』と言ってしまった」(20代女性)など、大きな試練を乗り越えた直後は、打ち上げ感覚でデートの誘いに応じてもらえるようです。スカッと盛り上がれるよう、慎重にプランを練りましょう。

  • 【5】チケットが入手困難なイベントだったから

    「好きなバンドが出るフェスだったから、二つ返事でOKしました」(10代女性)というように、そもそも相手が飛びつきそうなイベントを提示して、「行く」と言わせたケースです。その最中は高揚感で盛り上がりそうですが、テンションが持続するかどうかは微妙でしょう。

  • 【6】友達にドタキャンされた直後だったから

    「週末を一人で過ごすかと思うと寂しくなって…」(20代女性)など、暇を持て余していたために、なんとなくついてきてくれたパターンです。消極的なOKなので、ドタキャンされる可能性を想定しておいたほうがよさそうです。

  • 【7】気分が落ち込んで引きこもりがちだったから

    「一人でいるのもそろそろ飽きてきたところだったので(笑)」(10代女性)など、沈む気分をまぎらわそうとして誘いに応じる女性もいます。カラオケやボウリングなど、テンションが上がりそうなプランを提示すると喜ばれるかもしれません。

  • 【8】女性どうしでは浮きそうな渋い居酒屋を押さえたと聞いたから

    「日本酒に興味があるので、乗らないわけにはいかない」(20代女性)というように、相手の嗜好を巧みに突いて、気を引く手もあります。彼女のツボにはまるお店に誘えるよう、普段から入念にリサーチしておきましょう。

  • 【9】彼氏と別れたばかりで寂しかったから

    「誰でもいいので慰めてほしかった」(10代女性)というように、人恋しい心境からデートに応じてくれたケースです。「誰でもいいのか」と白けずに真摯にエスコートすると、その優しさが心に届くかもしれません。

突然のデートを受けてもらえるかどうかは、相手の心境次第です。丁寧に話を聞いてあげたり、相談に乗るなどして、日ごろから信頼を獲得しておくと、応じてもらえる可能性は高まるでしょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock