一人暮らしの同級生男子が急に大人っぽく見えた瞬間9パターン


一人暮らしの男子大学生は、実家にいる同級生の女子からすると、いち早く大人の階段を上っているようで、ちょっとまぶしく見えるようです。たとえばどんなときに「この人、自立していて頼もしいな」と思われるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「一人暮らしの同級生男子が急に大人っぽく見えた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「ごめん、作ってきたんだ」とランチに誘ったら弁当を見せられたとき

    「キチンと食材をやりくりしているのがすごい」(10代女性)というように、お弁当を見せつけて自炊をアピールするパターンです。ただし、毎回断り続けるようでは印象が良くないので、「じゃあ、明日は一緒に食べようか」とその場で「次」の約束をするのがベターでしょう。

  • 【2】「うわー、洗濯物が濡れる!」と空模様に一喜一憂していたとき

    「洗濯はお母さん任せなので、雨が降ってもそういう風に思ったことがなかった」(10代女性)というように、悪天候で洗濯物を心配するパターンです。とはいえ、いつも雨に降られてばかりいると「天気予報くらい見たら?」と要領の悪さに呆れられてしまうかもしれません。

  • 【3】「明日ゴミの日なんだよな」とオールを断られたとき

    「燃えるゴミとか燃えないゴミの日とかを気にして生活してるのがすごい」(20代女性)というように、ゴミ出しを理由に徹夜での遊びを断るパターンです。実際は始発で帰れば十分間に合うはずなので、あくまで大人ぶるワザとして持ち出すとよいでしょう。

  • 【4】「あ、トイレットペーパーが安い」とスーパーで経済感覚を垣間見たとき

    「一人暮らしをするとティッシュひとつとっても切実なんだなって思います」(10代女性)というように、セール情報に興奮するパターンです。ただし、遊んでいる途中で大きな買い物袋を提げるとカッコ悪くなるので、買いすぎには注意しましょう。

  • 【5】「料理はいいけど後片付けが面倒」と食洗機を欲しがっていたとき

    「『いま一番欲しいものは?』って聞いたら食洗機と話して現実的だなあと」(20代女性)というように、欲しいものに生活家電を挙げるパターンです。「ええー、なんで?」と聞かれたら「毎日、洗い物してみ?」と軽く説教すると、尊敬されるかもしれません。

  • 【6】「これから荷物が届くから」と誰にも頼れない感を出しながらさっさと帰ってしまったとき

    「みんなで遊びに行こうよ!ってときだったから、きっぱり帰る姿がひときわ目立ってた」(20代女性)というように、人に頼らず暮らしている様を見せつけるパターンです。ガスメーターの検査、電気工事の立ち会いといった用事も新鮮な印象を与えるでしょう。

  • 【7】「電気点けっぱなし!」と学校や友達の家でも光熱費に敏感だったとき

    「ちょっとうるさいけど、一人暮らしならではの感覚かなって感心します」(10代女性)というように、電気や水道、ガスの無駄遣いに目を光らせるパターンです。「自分で払ってないからわかんないと思うけど、電気代とかけっこう高いんだよ」と言い添えると説得力があるでしょう。

  • 【8】「面倒くさい勧誘が多いから」と自宅のインターホンには出ない派だと知ったとき

    「実家暮らしだとほかにも対応する人がいるから、そんなに大変だったとは知らなかった」(20代女性)というように、セキュリティ上チャイムにはほとんど出ないとアピールするパターンです。「宅配便は時間指定で受け取ればいいし」などと補足してもよいでしょう。

  • 【9】「生活費は自分で稼がないと」と必死でバイトに取り組んでいたとき

    「遊ぶお金欲しさじゃないところがえらい」(20代女性)というように、生活費を稼ぐためにバイトに励むパターンです。ただしバイト優先で学校生活がおろそかだと「何をしに進学したんだろ?」と思われるので注意しましょう。

一人暮らしの大人感を出すには、「実家暮らしの人にはない苦労」をアピールするといいようです。くれぐれもハナにつくような言い方だけは避けましょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock