攻めの姿勢でいきなり接近!?初対面の女の子とのトーク9パターン


男女の出会いにおいて、「第一印象」は極めて重要でしょう。初対面から「存在感がない」と思われるよりは、積極的に攻めて何らかのインパクトを与えたほうが、その後の進展につながるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「攻めの姿勢でいきなり接近!?初対面の女の子とのトーク」をご紹介します。

  • 【1】「初めて会った気がしないです」といきなり親近感を表す

    「親しみを持って接してくれるのはうれしいです」(10代女性)というように、仲良くなれそうな予感がしたら、すかさずその気持ちを伝えてみるとよさそうです。フランクに話しかければ、女の子も以前に会ったことがあるようなノリで接してくれるかもしれません。

  • 【2】「あ、スマホがお揃いですね」とお互いの共通アイテムを見つける

    「『いつ買ったの?』とか『落としやすくない?』とか話が広がります」(20代女性)というように、相手が自分と同じものを持っていたら、それを突破口に距離を詰めることもできそうです。お揃いのアイテムを探すのが難しければ、服の色などの類似点から会話を広げるのもアリでしょう。

  • 【3】「どんな音楽が好き?」と趣味嗜好を訊ねる

    「好きなミュージシャンが同じだと、初対面でも盛り上がります!」(10代女性)というように、趣味から共通の話題を探すのもよさそうです。音楽やテレビ、映画、ファッションなど、根気よく探せばきっとひとつくらいは一緒に話せるネタが出てくるでしょう。

  • 【4】「オカン以外の女性と話すのが久々だから緊張する」とジョークをかます

    「引きこもりか!と突っ込んでしまいました(笑)」(20代女性)というように、持ちネタとして何か冗談を繰り出すのもいいかもしれません。ただし、場の空気が温まっていないとスルーされるおそれがあるので、タイミングをはかりたいところです。

  • 【5】「どこから来たの?」と当たり障りのない質問で会話をつなぐ

    「同じ沿線に住んでいたりとか、結構共通点が見つかる」(20代女性)というように、ネタがないなら、相手が誰でも使える鉄板トークから始めるのもよさそうです。地元のグルメネタなど、食いつきのよさそうな情報を投下して、反応を探りましょう。

  • 【6】「それかわいいね」と身につけているものを褒める

    「ベタだけど、好意を持ってくれている気がしてうれしいです」(20代女性)というように、女の子の持ち物や服などを褒めるのも切り口としてアリのようです。本人が気に入っていそうなものを察したら、すかさず褒めましょう。

  • 【7】「彼氏はいますか?」とストレートに恋人の有無を尋ねる

    「遠回しに探りを入れるより、話が早くていいと思います」(20代女性)というように、急接近を望むなら、さっさと彼氏がいるのかを尋ねてしまうとよさそうです。もしくは、自分から彼女がいないことをアピールするのもわかりやすいかもしれません。

  • 【8】「笑ったときの雰囲気がいいですね」と笑顔を褒める

    「乗せ上手だなとは思いますけど、嫌な気持ちはしませんね(笑)」(20代女性)というように、笑顔を褒められれば、どんな女性でもそれなりにうれしいようです「あ、今、いい表情したね」などと、サラッと言えるようになりたいものです。

  • 【9】「ぶっちゃけタイプです」と好みであることを明かす

    「向こうが意識していると知ったら、こっちも意識します」(20代女性)というように、相手が好きなタイプであることをぶっちゃけてしまうのも手っ取り早いかもしれません。「そんなこと軽々しく言えるか!」という人は、一時的にチャラいキャラになりきってみるといいでしょう。

頭の中でいいなと思っているだけでは、相手には伝わりません。出会いのチャンスが少ない人ほど、慎重になりすぎないようにしましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock