実は共学より男子校出身者がモテる理由9パターン


進学先に男子校を選んでしまい、「これ彼女作るの無理ゲーじゃん!」と愕然とした経験のある人も少なくないでしょう。しかし、世間では共学在学・出身の男性よりも、男子校在学・出身者のほうが恋愛相手として魅力的だという見方もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「実は共学より男子校出身者がモテる理由」をご紹介します。

  • 【1】出会いの機会が少ない分、恋に一途だから

    「砂漠にいるようなものだから、ひとつひとつの出会いを大切にしていそう」(10代女性)というように、目移りしようがないのでひとりの女性にしっかり向き合うからです。しかし、あまりに真剣だと「重い」「怖い」と逃げられる可能性もあるので注意しましょう。

  • 【2】一見、遊び慣れていないイメージがあるから

    「男子校ってだけで真面目っぽい」(20代女性)というように、チャラチャラしておらず実直そうなイメージがあるからです。とはいえ、まともに女性と会話ができないほどだと真面目を通り越して、「痛い」「面白くない」と思われてしまうので、ある程度の女性慣れはしておきたいものです。

  • 【3】女性の嫌な部分をよく知らず大事にしてくれそうだから

    「女の子に幻想を抱いている分、優しくしてくれる気がする」(20代女性)というように、しっかり女の子扱いをしてくれそうに思われるからです。デート代の支払いを多めにするなどの「背伸び」をすると喜ばれるかもしれません。

  • 【4】学校にいる間はライバルがおらず安心して付き合えるから

    「とりあえず学校では浮気のしようがないから安全」(10代女性)というように、男だらけの世界にいることが安心材料になるからです。さらに体育会系の部活に専念していれば「私と会ってるとき以外、女っ気ゼロ!」と浮気の可能性の低さに太鼓判をおしてもらえるでしょう。

  • 【5】男っぽくてぶっきらぼうな面がかえって新鮮だから

    「共学の男子は軟弱で物足りない」(10代女性)というように、無骨で不器用な男子校キャラが今の時代ではカッコ良く見えてしまうからです。もっとも、あまりに口数や連絡が少なすぎると誤解を招く場合もあるので、クールな態度もほどほどにしたほうがよいかもしれません。

  • 【6】どうにかして出会いを作ろうとコミュ力を磨いているから

    「とにかくグイグイ積極的に迫ってきてくれるのがいい」(20代女性)というように、女性をハントしようという積極的な姿勢が評価されるからです。しかし、口がうますぎると、単なるチャラ男認定される危険性もあるので、「あまりモテない」と予防線を張っておくのがポイントでしょう。

  • 【7】女に飢えている分、OKラインが低いから

    「学校ではあまりモテない私でも、男子校出身者はちやほやしてくれる(笑)」(10代女性)というように、周りに女子がいないためストライクゾーンが広めに設定されていることを好ましく思われるからです。とはいえ、「誰でもいい」感を与えると一気に女性は冷めてしまうので気を付けましょう。

  • 【8】男子校というだけでコンパの本気度が高いから

    「遊びじゃなくて、きちんと付き合う相手を探していそうなイメージ」(20代女性)というように、コンパへの参加姿勢が評価されるからです。そのぶん、あまりにコンパ慣れしている雰囲気をかもし出すと「遊ばれる!」と警戒されるので、ウブな面も演出したいものです。

  • 【9】男同士でわいわいやっている姿が女子の憧れだから

    「おそ松さんみたいに、男子でキャッキャやってるのが素敵」(10代女性)というように、いわゆる「チーム男子」が女子の萌えの対象となっているからです。面白おかしく男子校生活を楽しんでいることをアピールできるといいでしょう。

あらためてチェックしてみると、肉食系から奥手まで、女子がイメージする男子校出身者はさまざまです。相手がどんなキャラを期待しているのかを見極めて、男子校ブランドを最大限に活かしたいものです。(熊山 准)
Photo:All images by iStock