なんか冷めた…女の子をしらけさせる「ダメLINE」9パターン


女の子の反応を深く考えず、LINEを一方的に送りつけるのは自殺行為のようなもの。受け手はあなたの想像以上にウンザリしているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「なんか冷めた…女の子をしらけさせる『ダメLINE』」をご紹介します。

  • 【1】さほどおもしろくないスタンプを連打する

    「笑わせるつもりだったのかもしれないけど、意味がわからなくて無視しました」(20代女性)というように、自分のなかだけで流行っているスタンプを送りまくって、女の子をしらけさせるパターンです。どんなスタンプを送るにせよ、いきなり連発せず、1つ2つ送って、相手がどんなリアクションを返してくるのか様子をみたほうがいいでしょう。

  • 【2】夜中にしょーもない下ネタを振る

    「『風呂でどこから洗う?』って中学生かよ!」(20代女性)というように、エッチな話題に持ち込もうとしてウザがられるケースです。たとえ冗談のつもりでも、LINEではうまくノリが伝わらないことも多いので、慎重に言葉を選ぶ必要がありそうです。

  • 【3】ウケ狙いのつもりなのか、やたら萌え系のスタンプを使う

    「率直に言って、気持ち悪いです!」(10代女性)というように、多くの場合、萌え系スタンプを送って楽しいのは本人だけのようです。女の子全員が理解してくれないわけではないとしても、わかってくれる相手かどうか見極めたほうがよさそうです。

  • 【4】返信を待たずにガンガン送る

    「なんて返事しようか考えているうちに、次のメッセージが届くのはちょっと…」(10代女性)というように、一方的にLINEを送り続けると、女の子を困惑させてしまうようです。返信のペースがすごくゆっくりの人もいるので、焦らずに待ちましょう。

  • 【5】頼んでないのにキメ顔の自撮り写真を見せたがる

    「すごいイケメンならいいけど、普通の男子の顔を見せられたって嬉しくない」(10代女性)というように、いくらとっておきの一枚でも、まだ彼女でもない相手に自撮りを見せびらかすのはやりすぎでしょう。女の子から「見たい」と頼まれない限りは、送らないほうがいいかもしれません。

  • 【6】唐突に昔の武勇伝を語り出す

    「大したことない自分語りがウザすぎる」(20代女性)というように、自己アピールのためにわざわざ昔の話を持ち出すのも痛々しいと思われてしまうようです。過去の栄光ではなく、「今頑張っていること」を伝えるのなら、女の子の反応も変わってくるでしょう。

  • 【7】大したことのない日常の話を一行一行小間切れで送る

    「オチを期待させるだけさせて、大したことない感じがムカつく」(20代女性)というように、大きく膨らむ話でもないのに、内容を小出しにして送るのもウザがられてしまうようです。「つまらない男」というレッテルを張られたくなければ、変にもったいつけるのはやめておきましょう。

  • 【8】挨拶代わりのように「カワイイ」「好き」と言いまくる

    「連発されると気持ちが入っていない気がしてくる」(10代女性)というように、軽いノリでの好き好きアピールは、とても軽薄な印象を与えてしまうようです。とはいえ、褒められて悪い気がする女の子は少ないので、急にパタッと褒めなくなるなど、緩急をつけるといいかもしれません。

  • 【9】「今度エッチしよう(笑)」などとライトに体の関係を求める

    「セクハラは即ブロックしたくなります」(20代女性)というように、LINEだからといって、軽い気持ちでエッチのお誘いをするのは厳禁でしょう。受け取る側の女の子は、送る側が想像している以上に冷静なテンションでいることを頭に入れておきたいものです。

気軽にメッセージを送ることができるLINEだからこそ、慎重なやりとりを心がけたほうがよさそうです。何の気なしに送った内容でドン引きされることもあるので、とくに最初は女の子のリアクションを確かめながら進めていきましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock