気になる同僚女性が異動…状況を逆手に取ったアプローチ9パターン


好意を寄せていた同僚に「異動」の辞令が下されたら、「これでお別れか…」とガックリきてしまうもの。しかし、状況をポジティブにとらえれば、「部署が離れるからこそ実行できる迫り方」が見えてくるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性82名に聞いたアンケートを参考に「気になる同僚女性が異動…状況を逆手に取ったアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】「これってどう処理するの?」と積極的に引き継ぎに関わる

    「仕事にかこつければ不自然じゃないし、頻繁に話すうちに仲良くなれるかも!」(20代男性)というように、異動に付き物の「引き継ぎ業務」を活用する方法です。自分の担当外でも、「念のために教えて」などと頼めば、快く応じてもらえるでしょう。

  • 【2】「最後の昼メシは俺がおごるよ!」とランチに誘う

    「夜だと警戒されそうだけど、昼なら気軽に乗ってもらえるのでは?」(20代男性)というように、昼休みを利用して、個人的な「ミニ壮行会」を持ち掛ける方法です。雰囲気のいいお店を選べば、世間話に終始したとしても、何か感じてもらえるかもしれません。

  • 【3】「離れてもまたムダ話しよう」とLINEのIDを交換する

    「『君とのバカ話が唯一の楽しみだったのに…』と残念がって、連絡先交換につなげる!」(10代男性)というように、さりげなくLINEのやりとりに持ち込む方法です。「この間の話だけど…」などと雑談の続きから始めると、すんなり返信がもらえそうです。

  • 【4】「新しい部署の愚痴とか聞くよ」と相談役を買って出る

    「先輩風を吹かせて『いつでも電話しな』と言っておいたら、本当に連絡が来た!」(20代男性)というように、進んで不満のはけ口になって、頼ってもらう方法です。偉そうに助言するとかえって連絡が途絶えそうなので、意見を求められるまでは聞き役に徹したほうがいいでしょう。

  • 【5】「君ならどこへ行っても大丈夫!」と相手の不安を和らげる

    「『きっといい勉強になるよ』って元気づけたら、好青年ぶりをアピールできそう」(10代男性)というように、さわやかに激励して「いい人」感を出す方法です。くれぐれも「ミスしてもクビにはならないよ」などと微妙な励まし方をして、反感を買わないよう注意しましょう。

  • 【6】「あとのことは俺が何とかしとくから」と頼りがいを示す

    「やりかけの仕事が気になるだろうから、『任せとけ』って安心させるといいかも」(20代男性)というように、どんと構えてみせることで、高評価を期待する方法です。ただし、ある程度実績がないと、「口だけでは…?」と不審感を抱かせるだけかもしれません。

  • 【7】「あのときはグッと来た!」と思い出話に好意をにじませる

    「『かわいいとこあるよね』とか言って、ドキッとさせたい!」(20代男性)というように、想いをほのめかして、印象づける方法です。見た目の美点を挙げると「そんな目で見てたの?」と睨まれそうなので、発言や振る舞いに言及したほうがいいでしょう。

  • 【8】「君がいなくなると寂しくなるなあ…」と肩を落とす

    「送別会で酔いに任せて『寂しい』と言ったら『今のは胸に沁みました』とまんざらでもなさそうだった」(20代男性)というように、喪失感をストレートに表明する方法です。話が盛り上がったあとやお互いホロ酔いのときなら、重たい印象にはならなそうです。

  • 【9】「これでほかの同僚にバレる危険が減った!」と交際を申し込む

    「部署が離れたら社内恋愛しやすくなるから、いっそ打ち明けてもいいと思う!」(20代男性)というように、思い切って「付き合ってほしい」と告白する方法です。今の時点ですでにいい雰囲気になっているなら、「OK」の可能性は十分あるでしょう。

「もう職場で会えないし…」と諦めるのはまだ早そうです。本気で相手を想うなら、異動を有効活用できるよう作戦を練りましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計82名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock