ありのままで勝てる!オタク男子ならではの合コン攻略術9パターン


初対面の男女が集まる合コンでは、第一印象で「アリかナシか」を判断されやすいもの。変に物怖じするよりも、オタクならそのキャラを上手に生かしたほうが女性陣の注目を集めやすくなるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ありのままで勝てる!オタク男子ならではの合コン攻略術」をご紹介いたします。

  • 【1】「よよよよろしくお願いします!」と、キョドりながらも丁寧に挨拶する

    「場慣れしていない感じがカワイイ」(20代女性)など、オタクは女性慣れしていないという先入観を逆手に取った「緊張丸出し」の挨拶で、新鮮な印象を与えるパターンです。キョドった口調になってしまっても、女性の目を見て話し、誠実な印象を与えましょう。

  • 【2】「マンガの知識なら誰にも負けません」と、趣味への自信を見せる

    「他人に誇れる趣味があるのはカッコイイし、気になる!」(20代女性)というように、下手に隠さず堂々とオタクをアピールすることで、むしろ感心されるパターンです。「仕事も大好きです」などと公私ともに熱いところを見せると、さらに好感度が上がるでしょう。

  • 【3】「好きなことには一途です」と、ひたむきな性格を匂わせる

    「ピュアさのアピールは妙に説得力がある」(10代女性)など、すぐに女性を裏切るゲス男子とは正反対の人間性を主張できるのもオタク男子の特権かもしれません。「ストーカー気質ではないですよ!」と自虐的にフォローして、女性を安心させましょう。

  • 【4】「ぐぬぬ!」「ほげー!」など、マンガ風のリアクションで気を引く

    「特殊すぎて吹き出してしまいそう」(20代女性)など、普通の男子は言わない個性的な表現で女子の心に爪痕を残すパターンです。とくに気になる女性の言動にはオーバーなリアクションを返して盛り上げると、「変だけどイイ人」として認識されるでしょう。

  • 【5】「洗濯にもこだわってます」と、清潔キャラを匂わせる

    「不潔そうなイメージを覆されると好感度大!」(20代女性)というように、オタク男子への偏見を覆す自己アピールで、ギャップ萌えを狙うパターンです。「白シャツしか着ません!」などとクリーンさで勝負して、チャラいおしゃれ男子との差別化を図りましょう。

  • 【6】「ウンチク語っていいですか?」と、マニアックな話題に許可を求める

    「グルメな知識を偉そうに語るチャラ男より、謙虚なオタクのほうが好き」(10代女性)など、控えめなサブカルトークは意外に女子ウケがいいようです。ドラマ原作の漫画の豆知識を語るなど、なるべく女性受けを意識したネタを選びましょう。

  • 【7】「格闘マンガやサバゲーが好きなんで」と、体を鍛えていることをほのめかす

    「マニアックな面と肉体派が両立しているのは、ある意味、理想的かも」(20代女性)というように、体力自慢でバランスの良い人間性を匂わせるパターンです。凝り性の一面を生かして栄養学などの知識を披露すると、さらに女性の気を引けるでしょう。

  • 【8】「スマホは自分で修理します」と、機械への強さをアピールする

    「私に合った家電を教えてくれたりするから、オタク男子は侮れない」(20代女性)など、情報網の充実ぶりで女性陣に一目置かれるパターンです。なるべく専門用語を使わず、分かりやすく最新商品の良さを説明してあげると、尊敬の念を向けられるでしょう。

  • 【9】「今度、秋葉原に案内しますよ」と、超ディープな世界へと誘う

    「コミケやメイド喫茶など、未知の世界に感動できそう」(10代女性)というように、女性にとって予想外の提案をできるのもオタク男子の強みかもしれません。初心者向けのコスプレを指南してあげるなど、女性の好奇心を刺激できると、恋愛のチャンスも広がりそうです。

総合的に、潔さを匂わせれば女性はオタクな一面を魅力的に捉えてくれるようです。理解されにくい趣味を持っていても、臆せず自分らしさで勝負しましょう。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock