デート二軒目のバーで女子が陥落する「鉄板口説き文句」9パターン


「今日こそはエッチまで持ち込みたい!」と意気込んで迎えた飲みデート当日。勝負となる2軒目のバーでどのようにアプローチすると、相手の女性の気持ちを開かせることができるのでしょうか。そこで今回は20代、30代の女性に聞いた「デート二軒目のバーで女子が陥落する『鉄板口説き文句』」を紹介します。

  • 【1】真剣な眼差しで「今日は朝まで二人でいようよ」

    「直接的な言葉は言われなくても、その顔で私への好意が本物だってわかるから」(20代女性)というように、真剣な表情が決め手だという意見です。じっと彼女の目を見つめて、こちらからは絶対に視線をそらさないようにすれば、本気度がさらに伝わるかもしれません。

  • 【2】終電ギリギリのタイミングで「もう少し一緒にいたいな」

    「終電がなくなったら朝までコース確定だけど、『もう少し』ってお願いされると『うん』って言っちゃう」(30代女性)というように、言葉のマジックにかかってしまうという意見も。ただし、相手の女性がタクシーなどですぐに家まで帰れるようなエリアで飲んでいる場合、この言葉の有効性は低いのかもしれません。

  • 【3】ふいに手を握って「場所を変えよう」

    「手を握られると『男と女』の空気感になるから、『場所を変える』ってことはイコール『ホテル』だって察します」(30代女性)というように、スキンシップによって暗黙の了解でホテルを連想させられるという意見です。もし相手の女性が鈍感だったとしたら、さらに「二人きりになれるところに行こう」などと付け足せば、こちらの気持ちに気付いてもらえるかもしれません。

  • 【4】キメ顔で見つめて「この後、どうする?」

    「ドキッとして『あなたに任せるわ』って言っちゃうと思う」(30代女性)というように、セクシーな表情で尋ねることで女性は体を許す気持ちになるという意見も。ただし、「明日、仕事早いから帰るね」などと素っ気なく返答された場合は、脈ナシの可能性が高いのであきらめた方がいいのかもしれません。

  • 【5】フランクな雰囲気で「この後、僕の家で飲み直そうよ」

    「『うん、いいよー』ってこっちも軽く返事しちゃうと思う(笑)」(20代女性)というように、「家飲み」≒「エッチ」であるにも関わらず、フランクな雰囲気に流されてOKしてしまうという意見も。「友達からもらった海外旅行土産のワインがあるから一緒に開けようよ」などと付け足すと、さらに成功率が高まるのではないでしょうか。

  • 【6】腰に手を回しながら「君のことをもっと知りたいんだ」

    「腰からグイッと体を引き寄せられて、顔を近づけて言われたらもうヤバイ(笑)」(20代女性)というように、少々キザな演出の方がドキドキさせられるという意見も。ただし、キザな男性を嫌う女性には逆効果になりかねませんので、注意した方がいいかもしれません。

  • 【7】耳元で囁くように「君を抱きたい」

    「ストレートなセリフだけど小声で言われるとガッツいてる感じがしなくていい」(30代女性)というように、エッチを直接連想させる言葉でもどこかスマートさがあるという意見です。二軒目をわざと店内が少々騒がしいお店にすれば、耳元で喋るのも不自然ではなくなるので都合がいいのではないでしょうか。

  • 【8】軽いノリで「ホテルで一休みしていかない?」

    「サラッと言ってくれればいやらしさがないですよね」(30代女性)というように、あまり気負わずに言われると、エッチ目的だとわかっていても女性側はOKしやすいという意見です。もし女性から「エッチなことしない?」などと尋ねられたら、「しない!…ように我慢はしてみる!」などと返答しておくといいかもしれません。

  • 【9】シティホテル高層階のバーで飲んでいる場合は「下に部屋を取ってあるんだ」

    「夜景のムードにやられて『NO』と言う選択肢がない(笑)」(20代女性)というように、ラグジュアリーでロマンティックな雰囲気に陥落してしまうという意見です。逆にこのシチュエーションで女性の答えが「NO」だった場合は、他のどんなテクニックを使っても口説き落とすのは難しいのかも知れません。

「全く恋愛感情を抱いていない男が相手ならそもそも一軒目で帰る」という意見もありましたので、二軒目まで付いてきてくれた時点で脈アリと言えるのかもしれません。二軒目のバーまで行けたのならば、あとは相手の女性の性格に合わせて今回の9パターンの中からどのテクニックを使うかを選べば、上手くいくのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock