余裕なさすぎ!「2度目のデートはないな」と思う男の行動9パターン


気になる女性とのデートにこぎつけたとしても、そこで喜ぶのは早計です。初回のデートがようやくスタート地点で、そこであなたとのお付き合いがアリかナシかの判断が始まることをしっかり肝に銘じましょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「余裕なさすぎ!『2度目のデートはないな』と思う男の行動」をご紹介します。

  • 【1】気合を入れすぎてスーツを着込んで登場する

    「普段着でいいのに…」(20代女性)というように、休日デートにもかかわらずスーツを着込んで現れてしまうパターンです。一方でオフィスデーだったにもかかわらず「それ、どこで着替えてきたの?」というカジュアルファッションもおかしいもの。大事なのは自然な流れということをお忘れなく。

  • 【2】沈黙が怖いのか、とにかくえんえんとしゃべり続ける

    「会話のない場面があってもいいのに…」(20代女性)というように、ちょっとした沈黙も悪とばかりにマシンガントークを続けるパターンです。また、会話の内容は濃すぎても薄すぎても相手を疲れさせるので、濃淡をつけてネタを振りたいものです。

  • 【3】近いにせよ遠いにせよ距離感がとにかく極端である

    「いきなりグイグイ来られても困るし、離れすぎてよそよそしいのも困る」(10代女性)というように、デートの距離感がわかっていないパターンです。歩きながら会話するなら、声を張らなくてもいいくらいの距離を保つとよいでしょう。

  • 【4】会話の端々で「かわいいね」などと容姿を褒めちぎる

    「あまり言われ過ぎると下心があるのかなとか、ほかに褒めるところはないのかと疑う」(20代女性)というように、とにかく容姿を褒めればいいと勘違いしているパターンです。どうしても褒めたい場合は、髪型やネイル、バッグなど本人のセンスを褒めてあげるとよいでしょう。

  • 【5】「カップルだらけの夜景スポット」など、ベタすぎる場所に連れて行きたがる

    「まだそこまでラブラブでもないし、最初は無難な場所がいいと思います」(20代女性)というように、初デートのコースにしては熱量が高すぎるパターンです。映画館や美術館、公園など、このタイミングでは女友達や姉妹とでも行けるような場所に留めたいところです。

  • 【6】やたらとプレゼントしたり食事を奢ろうとする

    「ウィンドウショッピングで『これかわいい』と言ったら、あとから『プレゼント!』と言って出てきたりして…怖い!」(20代女性)というように、なんでもかんでも奢ろうとするパターンです。まだ関係性が築けていない間柄でのプレゼントは、あらぬ誤解のもとになるので、仲良くなってからにしたほうがよいでしょう。

  • 【7】デートプランを詰め込みすぎてパニックに陥る

    「予定していたお店が超行列で固まったり、次のスポットに急がないと!と焦って事故ったり」(20代女性)というように、予定をガチガチに決めすぎてテンパってしまうパターンです。また、相手の都合も聞かず、昼から夜まで一緒にいるつもりのプランを組んでいたりすると、それはそれで怖いと思われるので注意が必要でしょう。

  • 【8】まだ気持ちが盛り上がっていないのに、手をつないだりキスしようとする

    「まだ自分の気持ちもよくわからないのに、グイグイ来られても引くだけ」(20代女性)というように、空気も読まずにスキンシップを求めたがるパターンです。思い切りも大事ですが、それは3回目のデートくらいまで取っておいても罰は当たらないでしょう。

  • 【9】次のデートの約束を何がなんでも取り付けようとする

    「『次いつ?』『どこ行きたい?』って畳みかけるように質問されるとキツい」(20代女性)というように、当然次のデートがある前提で会話してしまうパターンです。そういった話題は相手が「今日のデートの感想」をまとめ終わったあと、つまり後日に持ち出すのがエチケットだと心得ましょう。

いずれも、第三者であればNGということが明白な項目ばかり。でも、わかっていてもできないのが当事者です。デート前にはこの記事を読み直して勇み足にならないように注意したいものです。(熊山 准)
Photo:All images by iStock