わかってるね!風邪で休んでいる女子へのナイスなお見舞い9パターン


仲のよい女子が風邪でダウンしてずっと寝込んでいるらしい…!!そんなときに自分の存在感を示せるのがお見舞いです。風邪でまともに買い出しにいけない彼女に代わって、かゆいところに手が届く差し入れをしてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「わかってるね!風邪で休んでいる女子へのナイスなお見舞い」をご紹介します。

  • 【1】自分で買うとけっこう高い「おでこに貼る冷却シート」

    「本当はたくさん使いたいけど、意外とお値段が張るので…」(20代女性)というように、おでこに貼る冷却シートを差し入れするパターンです。また若い女性の場合は、馴染みのない氷枕などを差し入れすると新鮮だと感じてもらえるかもしれません。

  • 【2】寝込んでいると不足しがちな「水やスポーツドリンク」

    「風邪をひいているとコンビニから重い水を持って帰るのも大変だから」(20代女性)というように、ミネラルウォーターやスポーツ飲料を差し入れするパターンです。もっともネット通販を利用している人も多いので、「間に合ってます」と言われてしまう可能性も覚悟しておいたほうがいいでしょう。

  • 【3】食欲がないのでさっぱりと「ゼリーやヨーグルト」

    「あんまり食べたいという気持ちが湧いてこないのであっさりしたものが欲しい」(10代女性)というように、すっきりとした味わいで栄養が取れるゼリーやヨーグルトを差し入れするパターンです。リクエストを聞いていくのもよいですが、コンビニの棚の端から端まで全種類買っていく豪快さも見せたいところです。

  • 【4】チンするだけで食べられる「レトルトおかゆや冷凍うどん」

    「食欲がわいてきた頃に食べ物が何もなかったりして困りがちなので」(20代女性)というように、電子レンジで調理ができる食品を差し入れするパターンです。あまり味が濃いものだと気持ちが悪くなってしまうので、あくまであっさり味に留めておきましょう。

  • 【5】鼻風邪だと嬉しい「保湿成分入りの高級ティッシュ」

    「いくらティッシュがあっても足りないし、鼻をかみ続けていると荒れちゃうから」(20代女性)というように、くしゃみや鼻水対策として高級ティッシュを差し入れするパターンです。ボックス型はもちろん、回復後お出かけする際に便利な携帯タイプもあわせてもっていくとポイントが高いでしょう。

  • 【6】重い気分がパーッと晴れそうな「花束」

    「ぶっちゃけ生活物資は足りてるので、気分がよくなるものが嬉しい」(20代女性)というように、風邪で沈んだ心を癒やす花束を差し入れするパターンです。ただしキクやユリ、ツバキなどお見舞いに向かない花もあるので、お花屋さんでしっかり目的を伝えて作ってもらうようにしましょう。

  • 【7】暇だからけっこうありがたい「最新コミックや雑誌」

    「あえて自分が読まない漫画や雑誌を買ってきてくれると新鮮」(10代女性)というように、暇つぶしにぴったりな読み物を差し入れするパターンです。あまり難解なものではなく、気晴らしに読めるような軽いものをメインにしたほうがよいでしょう。

  • 【8】これで一気に元気になりそうな「栄養ドリンク」

    「1本2000円とか3000円とかするヤツだと一気に治りそう!」(20代女性)というように、高級すぎて手が出せない栄養ドリンクを差し入れするパターンです。ただし、栄養ドリンクの味が苦手という人もいるので、最近増えている女性向けを選ぶのも手かもしれません。

  • 【9】やっぱりお見舞いの定番?「高級フルーツ盛り合わせ」

    「ビタミン不足に嬉しいし、見た目にも鮮やかだし」(20代女性)というように、昔からのお見舞いものの定番・フルーツの盛り合わせを差し入れするパターンです。ただし、剥いたり切ったりするのが難しいフルーツは、あなたがカットしてあげるくらいのつもりでいるとよいでしょう。

女性側としてはさほど懇意でもないのにいきなり自宅まで押しかけてきてお見舞いを送られると困惑するもの。お見舞いのタイミングや渡し方、内容は相手女性との距離感次第で検討するとよいでしょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock