その後も良好な関係を維持できる「告白の断り方」9パターン


女性から告白されても、様々な理由で断らざるを得ないケースもあるでしょう。その後の関係を考えれば、ここで変なしこりを残すことなく、できれば「この人のことを好きになってよかった」と思ってもらえるような断り方をしておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「その後も良好な関係を維持できる『告白の断り方』」をご紹介します。

  • 【1】「僕にはもったいない」と真顔で謙遜する

    「真剣な表情で言うので、断られても嫌な気分にはならなかった」(20代女性)というように、相手を持ち上げることで丸く収めるパターンです。リップサービスする余裕があるなら、「君にふさわしい男になったら、こっちから告白するよ」などと加えてみてもいいでしょう。

  • 【2】「最高の親友のままでいたい」と爽やかに握手を求める

    「たしかに親友のままなら恋人みたいに別れて落ち込むこともないし、と納得してしまった」(10代女性)など、性別を超えた付き合いを続けようと提案するパターンです。ただの親友ではなく「最高の親友」とすることで、相手も受け入れやすくなるかもしれません。

  • 【3】「君を幸せにできる自信がない」と謙虚に固辞する

    「本気でそう思っているみたいだったので、信用できる人だなと惚れ直した」(20代女性)というように、自信がないと打ち明けることによって相手を大切な存在だと匂わせるパターンです。女性の側に非がない理由なので、その後も良好な関係を続けられるでしょう。

  • 【4】「OKはできないけどありがとう」と心からのお礼を言う

    「なんてスマートな断り方なんだと感動した」(20代女性)というように、「ごめん」ではなく「ありがとう」と添えることで、真面目な好青年ぶりを演出するパターンです。まっすぐに目を見てささやけば、永遠の王子様として遠くから見守ってもらえるかもしれません。

  • 【5】「大きな目標があるからごめん」と真面目に夢を語る

    「振られたのは悲しいけど、素直に応援したくなった」(10代女性)など、今は恋愛よりも優先したい目標があると伝えることで一途さをアピールするパターンです。ただし、夢の内容があまりに突拍子もないものだと信憑性に欠けるので、それなりに練る必要があるでしょう。

  • 【6】「今の俺にはその資格がない」と女性のメンツを保つ

    「気を使ってくれてることがわかるので、やっぱりいい奴だな、と(苦笑)」(20代女性)というように、君とは釣り合わないと卑下しつつ、女性にも恥をかかせないパターンです。好意を受け止めてあげられなくても、素直に引き下がってもらえるかもしれません。

  • 【7】「ほかに好きな人がいる」と誠実に断る

    「ストレートに言われたほうが新しい恋を探そうという気になれる」(10代女性)など、好きな人がいると正直に告げることで未練を断ち切ってあげるパターンです。いっそ恋愛相談に乗ってもらうところまで関係を深められれば、友人としての深い絆が生まれそうです。

  • 【8】「真剣に考えるための時間がほしい」と即答を避ける

    「ちゃんと受け止めてくれてるからこそのリアクションだと思うので…」(20代女性)など、誠実そうに振る舞いながら、とにかく時間稼ぎをするパターンです。後日「答えは?」と聞かれたときに「もう少し考えたい」と返せば、本当の答えを察してもらえるでしょう。

  • 【9】「どうしても付き合うとか考えられない、申し訳ない」と正直に告げる

    「きっぱり拒んでくれたおかげで気持ちが整理できました」(10代女性)など、可能性がないという事実を突き付けることで、いさぎよくあきらめてもらうパターンです。変に気を使ってあいまいな言い方をするよりは、こちらのほうがやさしい対応といえるかもしれません。

女性からの告白をすべて受け入れられれば最高ですが、なかなかそうは行きません。二人の間にしこりを残さないためにも、スマートな断り方を探してみましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock