馴れ馴れしすぎ!久しぶりの女子にドン引きされるLINE9パターン


久しくコンタクトを取っていない女子にLINEを送るときは、何かと気を使うもの。ここで地雷を踏んでしまうと、連絡を喜ぶどころかドン引きされかねないので、細心の注意を払う必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「馴れ馴れしすぎ!久しぶりの女子にドン引きされるLINE」をご紹介します。

  • 【1】「調子はどうよ?」と久しぶりにしては態度がぞんざいすぎる

    「1年ぶりのLINEなのに『どうよ?』って雑すぎる」(20代女性)というように、突然のLINEがあまりにもラフな書き出しだと、相手の気分を損ねてしまうようです。もともと親しい間柄だとしても、少し時間が空いてしまった場合は、適度な距離感を意識したいところです。

  • 【2】「彼氏できた?」といきなり突っ込んだことを聞く

    「ずいぶん会っていない男に、そんな個人情報を教えたくないです」(10代女性)というように、いきなりプライベートに踏み込むのもNGでしょう。せめて自分の近況を語ったあとで相手のことを聞くくらいの配慮はみせたいものです。

  • 【3】「今から飲みに来いよ!」と強引に誘う

    「飲みに誘ってくれるのは構わないけど、急すぎて神経を疑った」(20代女性)など、久しぶりのお誘いLINEは最低でも数日前までに送るのがマナーのようです。ぶしつけだと指摘されたら素直に謝ったうえで、別の日の約束を取り付けましょう。

  • 【4】「俺とうとうゴルフ始めたんだぜ」と、どうでもいい報告を始める

    「正直どうでもいいし、何が『とうとう』なのかも不明」(20代女性)というように、自分にとっての大ニュースが相手の心に響くとは限りません。「ゴルフを始めたんだけど、そっちは何か始めた?」などの質問形式にすれば、まだ会話が広がる可能性はありそうです。

  • 【5】「週末、どうせ空いてるでしょ?」と勝手に暇人認定する

    「ムカついたから、本当は空いてたけど『いや忙しい』と即答した」(10代女性)というように、親友ノリでズケズケと迫るのも、失礼だと思われてしまうようです。空いた時間を一気に埋めたいのであれば、馴れ馴れしくするのではなく、女子が喜びそうなフレーズを考えましょう。

  • 【6】「誰かかわいい子紹介して」と臆面もなく失礼な依頼をする

    「数か月ぶりの連絡で『誰か紹介して』って何様かと思う」(20代女性)など、ごぶさた気味の相手に何かをお願いするなら、やはり切り出し方というものがあるようです。世間話で様子を見ながら本題に入るのが無難でしょう。

  • 【7】「相変わらずモテないの?」と上から目線でディスる

    「偉そうにすることで優位に立とうとする男って最低です」(20代女性)など、たとえ照れ隠しだとしても、上から目線での物言いは顰蹙を買ってしまうようです。とくに文字だけでのやり取りは、ニュアンスが伝わりにくいので気を付けましょう。

  • 【8】「今日、俺の誕生日なんだけど」ととにかく図々しい

    「そんなことを言われても、彼氏でもない人の誕生日なんてどうでもいい」(10代女性)というように、疎遠な女性に突然誕生日アピールをしても、スルーされてしまうのがオチのようです。構ってほしいだけなら、ひとしきり会話が盛り上がったところで「実は今日…」と打ち明けるくらいがちょうどいいかもしれません。

  • 【9】「エロい自撮り送ってよ」と彼氏を気取る

    「『送るわけないだろ』とつぶやきながら、面白系のスタンプでごまかした」(20代女性)というように、たとえ冗談でも無作法な下ネタは女子の気分を害しそうです。不穏な空気を感じたら「ごめん、冗談」などと早めのフォローを心がけましょう。

頻繁にやり取りをしているならともかく、久しぶりの相手へのLINEは紳士的な内容にしたほうがよさそうです。マナーに注意して、じっくり旧交を温めましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock