せっかく告白したのに!好意が一気に冷める「NOの理由」9パターン


「女性から告白される」というのは本来なら幸せ極まりない瞬間ですが、どうしても相手の気持ちを受け入れられない場合もあるもの。そこで不誠実な対応をすると、人としての信用まで失いかねないので、断り方には細心の注意が必要でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「せっかく告白したのに!好意が一気に冷める『NOの理由』」をご紹介します。

  • 【1】一緒にいてもドキドキしないから

    「それじゃあ恋が始まるはずもないと、告白したことを激しく後悔した…」(10代女性)など、「ドキドキしない」という理由は女性を必要以上に傷つけてしまうかもしれません。「なんだか家族みたいだから」といった上手な言い換えを考えましょう。

  • 【2】料理が下手そうだから

    「たしかに得意ではないけど、なんでそんなこと言われなきゃならないの?とカチンときた」(20代女性)というように、勝手な想像による欠点をズケズケと指摘するのはタブーのようです。同様に、たとえそんな気がしたとしても、「部屋が汚そう」「すっぴんがひどそう」などの憶測も口にするのはまずいでしょう。

  • 【3】顔がタイプじゃないから

    「直球すぎて『はあ、申し訳ありません』としか言えない」(20代女性)など、顔の造形について判定を下すのは、紳士的な対応とはいえないかもしれません。せめて「きみもかわいいけど、実は猫顔の子が好きなんだよね」などと言い方を工夫したいところです。

  • 【4】女性として見られないから

    「それ、女子に一番言っちゃいけない言葉だよと説教しそうになった」(10代女性)というように、いくら本音でも、言っていいことと悪いことがあるようです。「男だったら親友になれたかも」などと持ち上げながら、遠回しに恋愛関係になれないことをほのめかし、穏便なクロージングを目指しましょう。

  • 【5】飼っている猫のほうがかわいいから

    「猫に負けたという事実を受け入れられないまま、二度と立ち直れない気がした…」(20代女性)というように、交際を断る理由に動物を引き合いに出すのは変化球すぎるでしょう。「ごめん、今は猫に夢中だから」などと両者を対比させない断り方でお茶を濁したいところです。

  • 【6】なんとなくピンとこないから

    「ぼんやりしすぎていて、心の中にもやもやが残った」(10代女性)など、明確な理由を挙げないと断られた側は諦めがつかないようです。とはいえ、「ピンとこないのはココとココと…」と欠点を大量に列挙するのももちろん控えたほうがよいでしょう。

  • 【7】好きな順位的にかなり下だから

    「正直なのはいいけど、馬鹿にされたみたいで好意が憎しみに変わりそうだった…」(10代女性)というように、シリアスな場面で正直すぎる断り文句は考えものです。たとえ順位が低くても、「ほかに好きな人がいるから」などの無難な理由にとどめたほうがよさそうです。

  • 【8】結婚するイメージが湧かないから

    「『付き合ってみないとわかんないじゃん』と反論したかった」(20代女性)など、適齢期の女性に対して「結婚」というワードは、刺激が強すぎるようです。「付き合うとしたら結婚したいから、もう少し考えさせて」といったトークで誠実さをアピールしつつ、徐々に距離を置くしかないでしょう。

  • 【9】両親に紹介できる女性じゃないから

    「女性と付き合う際に、両親を第一に考える姿勢にドン引きした」(20代女性)というように、親を持ち出すのは家族ぐるみで「NO」と言われたようでダメージも大きいかもしれません。「うちの両親変わり者だけど大丈夫?」などのジャブで相手の反応を探ってみてはいかがでしょうか。

モテる男子たるもの、「告白」を上手に断るテクニックも磨いておきたいもの。真剣な気持ちでアプローチしてくる女性をできるだけ不快にさせないような「NOの理由」を追求してみてください。(石原たきび)
Photo:All images by iStock