彼氏以外の男性からもらってゾッとした誕生日メッセージ9パターン


好きな女性の誕生日には、お祝いのメッセージを送って少しでも気を引きたいもの。とはいえ、あまり踏み込んだ内容だと、「彼氏でもないのに…」と不快に思われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼氏以外の男性からもらってゾッとした誕生日メッセージ」をご紹介します。

  • 【1】「来年は一緒に祝おうね!」と付き合う気満々でいる

    「一人でその気になってて、こわっ!と警戒しました」(10代女性)というように、自分だけ盛り上がって、相手との距離感をうっかり見誤ってしまうパターンです。まだ「彼氏」ではない以上、節度を守ったほうが誠実な印象を与えられそうです。

  • 【2】「一番にお祝いが言いたくて…」と特別な存在になろうとする

    「好きでもない人から夜中の0時にLINEが届いても、正直迷惑」(10代女性)というように、日付が変わった瞬間に連絡して喜ばれるのは、ちゃんと付き合っている彼氏だけのようです。両思いの確信がないのなら、「一番乗り」は相当リスキーだと心得ましょう。

  • 【3】「ディナーの予約を入れました」と先走ってデートを決める

    「こっちの都合を聞かないなんて、非常識ですよね」(20代女性)というように、サプライズのつもりで有名店でのデートを計画しても、喜ばれるどころか常識を疑われてしまいそうです。実は予約済みでも相手には内緒にして、まずはお伺いを立てるのが筋でしょう。

  • 【4】「欲しい物があったら買ってあげる」と金品で釣ろうとする

    「下心がみえみえで、気をつけようと思った」(20代女性)というように、プレゼントの要望をストレートに尋ねると、「何か魂胆がある?」と見透かされてしまうでしょう。あまり高価でない物を自分で選んで渡したほうが、純粋な気持ちが伝わりそうです。

  • 【5】「ちなみに自分の誕生日は…」とお返しでつながろうとする

    「結局自分が祝ってもらいたいだけか…とガッカリした」(10代女性)というように、お祝いのやりとりに持ち込もうとしても、なかなかうまくいかないようです。とはいえ、同じ誕生日や同じ誕生月なら、関心を引ける可能性もあるでしょう。

  • 【6】「ほかの子には送らないんだけど…」と恩着せがましく祝う

    「だからありがたく思えってこと?と呆れてしまった」(20代女性)というように、好意を匂わすことに失敗すると、的外れな解釈をされそうです。むしろさりげなく誕生日に気づいてみせたほうが、「よく覚えてたね!」などと感激してもらえるかもしれません。

  • 【7】「誰とどこで過ごしてるのかな」と嫉妬をむき出しにする

    「実はけっこう束縛するタイプなのかも…と印象が悪くなった」(10代女性)というように、相手のことが気になってつい詮索してしまい、墓穴を掘るケースです。イメージを挽回するのは大変なので、勢いで送って後悔しないよう冷静な目でしっかり読み返しましょう。

  • 【8】「生まれてきてくれてありがとう!」と勝手に感謝する

    「そこまで親しくない相手だったから、なんかキモかったです」(10代女性)というように、熱烈すぎるメッセージは、かえって相手に気味悪がられてしまうようです。号泣スタンプなどを添えてネタにしてしまえば、軽い気持ちで受け止めてもらえそうです。

  • 【9】「ずっと見守ってます」とストーカーまがいのメッセージを伝える

    「本当にヤバい人だったら困るので、警戒するようになった」(20代女性)というように、片思いの心情を切々と綴ると、危険人物扱いされるおそれがあります。お祝いメッセージを送ること自体「好意の表れ」なので、情熱的な言葉は特に必要ないのかもしれません。

自分をアピールしようと意気込むと、力が入りすぎてしまいそうです。立場をわきまえたメッセージでサラリとお祝いしたほうが、いい印象を与えられるでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock