相手の夫に「それは不倫!」と疑われる人妻への接し方9パターン


「昔からの女友達が結婚しただけ」「仲が良くなった女性が既婚者だった」など、それぞれ事情はあるかもしれませんが、友達とはいえ人妻と親しくしすぎるとよからぬ疑いをかけられるものです。相手の夫に問い詰められたくなければ、どんなことに気を付けるといいのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の男性に聞いたアンケートを参考に「相手の夫に『それは不倫!』と疑われる人妻への接し方」をご紹介します。

  • 【1】夫以上の頻度でLINEやメールのやりとりをする

    「自分といるときもずっと男とLINEしていたらおかしいなって思う」(20代男性)というように、女性が自宅にいる時間もひっきりなしに連絡を取り続けるパターンです。夫婦水入らずという考えは古いかもしれませんが、相手が家にいる時間帯はなるべく控えたほうが無難でしょう。

  • 【2】何度か接点があったのに、一度も夫にあいさつをしない

    「なんか俺に対してやましさがあるようで気分が悪い」(30代男性)というように、チャンスがあったのに一度も旦那さんにあいさつしないパターンです。本当に後ろ暗いことがないのなら、「変に思われるかもしれないから、一度紹介してよ」とお願いしたほうがいいかもしれません。

  • 【3】「2人きり」で飲みに行く

    「同僚とか、学生時代からの友達かもしれませんがモヤモヤしますね」(20代男性)というように、「男と女の2人きり」で飲みに行ってしまうパターンです。できれば誰かを含めて3人以上にするか、なんなら一度夫も誘うなどして疑いを晴らしたほうがよいでしょう。

  • 【4】お互いに高価なプレゼントを贈りあう

    「自分はもらったことも、あげたこともないような高級品だとあやしいと思う」(20代男性)というように、プレゼント交換の度が過ぎるパターンです。既婚女性に贈るなら、食べものや化粧品、花などの消えものにしておいたほうが安全かもしれません。

  • 【5】繊細な家庭の相談ごとを受ける

    「家族だから話せない悩みもあると思いますけど、せめて同性同士にしてほしい」(30代男性)というように、立ち入った家庭の相談を親身に受けてしまうパターンです。せめて「ほかの人にも聞いてもらって、いろんな意見を参考にするといいよ」と自分の存在感を薄めたほうがよいでしょう。

  • 【6】夫のいないタイミングで電話をする

    「なんか自分が帰宅すると電話をやめたりするのがおかしい」(20代男性)というように、夫のいないところを見計らって電話をするパターンです。電話をするなら堂々と、なんなら家の固定電話にかけて、夫が出たらついでにあいさつするくらいの気持ちでいたほうがよさそうです。

  • 【7】休みの日にわざわざ2人で出かける

    「特に会社の同僚とかで、わざわざ休みに行くかーと思いますね」(20代男性)というように、休日にあわせて2人で出かけるパターンです。さすがに「学生時代の友達が個展を開く」「会社で集まりがある」などの口実がないと、何かあると思われても仕方がないかもしれません。

  • 【8】「手をつなぐ」などの身体的接触がある

    「嫁が酔っぱらって自分からいっても、男のほうは拒んでほしい…」(20代男性)というように、何かしらの身体的な接触があるパターンです。相手の人妻がひどく酔っぱらってキスしてきたりしても、「なかったこと」のようにふるまって、あとから教えたりしないようにしましょう。

  • 【9】夫が留守のときに自宅に上がり込む

    「マジでありえないですね。なにやってたんだろうってキレそう」(20代男性)というように、夫が留守のタイミングで自宅に上がり込んでいるパターンです。せめて、事前にお邪魔することを伝えておくのが最低限のマナーと心得ましょう。

いずれにせよ、隠れてコソコソしているイメージを持たれるのが一番厄介です。特に女性側が「うちは大丈夫」と夫を見くびっていると問題が大きくなりがちなのでご注意ください。(熊山 准)
Photo:All images by iStock