「よく食べる男子」との食事デートが楽しい理由9パターン


もりもり食べる男子は、思いのほか女性からの好感度が高いようです。その理由を押さえておけば、食事デートを盛り上げるコツが見えてくるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『よく食べる男子』との食事デートが楽しい理由」をご紹介します。

  • 【1】いろんなジャンルの美味しい店を知っているから

    「和洋中を問わず店情報を網羅してるから、この人についていけば間違いない!みたいな安心感がある」(20代女性)というように、どんなジャンルのお店をリクエストされてももれなく対応することでポイントを稼ぐパターンです。偉そうに知識をひけらかすのではなく、相手を喜ばせようという精神を貫きましょう。

  • 【2】自分が残した分をきれいに食べてもらえて気が楽だから

    「量が多い料理はつい残してしまうけど、全部食べてもらえるとホッとする」(10代女性)など、料理を残す罪悪感をなくしてあげることで頼りがいをアピールするパターンです。「君が残したものなら、いくらでも食べられるよ」といったリップサービスも喜ばれそうです。

  • 【3】たくさん食べてくれるので複数のメニューに挑戦できるから

    「私はちょっとしか食べなくて済むので、あれも食べたい、これも食べたい、という欲望を叶えられる」(20代女性)など、なかなか挑戦できない複数メニューの注文を実現してあげるパターンです。食べたいものを少しずつつまみたい女性は多いので、ケチケチせずにどんどんオーダーを入れてあげましょう。

  • 【4】女友達とは行きづらい店もどんどん開拓できるから

    「学生街にある伝説の食堂とか、行きづらい店にどんどん連れて行ってもらえるのが嬉しい」(20代女性)など、お客さんが男性ばかりというディープな食の世界に案内するパターンです。こういう店は値段もおおむね安いので、「俺に任せて!」と豪勢に奢ってあげたいところです。

  • 【5】美味しそうに食べる姿を見ているだけで嬉しくなるから

    「一心不乱に料理をかきこむ様子を見ていると、それだけで幸せな気持ちになる」(10代女性)というように、子どものように夢中になって食べる姿で母性本能をくすぐるパターンです。汚く残すと行儀の悪さが際立ってしまうので、一粒残さずご飯をたいらげるのが鉄則でしょう。

  • 【6】自分も大食いなのでたくさん食べても恥ずかしくないから

    「普段は少食のふりをするけど、相手が大食いだと遠慮なく本性を出せる」(20代女性)というように、たくさん食べることで女性の素を引き出すパターンです。食を通して素を見せ合うことで、二人の距離もグッと縮まるかもしれません。

  • 【7】何を食べに行こうかという相談の時点で盛り上がるから

    「お互いに食べることが大好きなので、相談の時点で楽しいデートが始まっている」(10代女性)など、店選びの段階からデートのわくわく感を演出するパターンです。「前回は僕が選んだから、今回は君のチョイスで」といったゲーム性を加えても楽しいでしょう。

  • 【8】自分が作ったご飯も美味しそうに食べてくれそうだと思うから

    「美味しそうに食べているのを見ると、自分の手料理もこんな風に食べてくれるのかなと妄想がふくらむ」(20代女性)など、パクパク食べる姿を見せつけて、将来の幸せな交際を想像させるパターンです。料理をする女性なら、食事中に得意なメニューを聞いてあげると、妄想がより具体化するかもしれません。

  • 【9】食事中の会話が気取らないものになるのでリラックスできるから

    「もりもり食べるシーンに気取った会話は似合わないので、自然に気負わないで話ができる」(10代女性)というように、夢中になって食べることでくつろげるムードを作るパターンです。「食べながらのトークはマナー違反」などのルールは忘れて食事と会話を楽しみましょう。

食事デートはお互いの素性が見えやすいだけに、その後の関係性を左右することもあります。よく食べ、よく話すことで、女性の脳と胃袋を満足させてあげてください。(石原たきび)
Photo:All images by iStock