鋭い指摘にドキッ!「内なる浮気心」を見破った彼女のセリフ9パターン


実際に浮気をしていなくても、心の揺れや気の迷いがあると、勘のいい彼女には読み取られてしまうもの。そこで下手にごまかすと、やましくないのに疑いをかけられる危険があるので、リアクションには注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「鋭い指摘にドキッ!『内なる浮気心』を見破った彼女のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「こんなかわいらしいスタンプどうしたの?」と突っ込まれる

    「顔文字すら使わなかったのになぜ?と指摘されて滝汗(苦笑)」(20代男性)というように、LINEの雰囲気が変わったことからほかの女性の影を見抜かれるパターンです。彼女以外の女性とやりとりすることになっても、普段の習慣は変えないほうがいいでしょう。

  • 【2】「最近、スマホを見て妙にニヤニヤしてるよね」と表情を観察される

    「『誰から?』と聞かれたあとの応対まで厳しくチェックされました…」(10代男性)というように、スマホをいじりながらニヤニヤするのも、疑惑の目を向けられるきっかけになるようです。気持ちが顔に出やすい人は、彼女のそばでスマホを手にしないのが無難でしょう。

  • 【3】「へー、新しいシャツで友達と会うの?」と鋭い点を指摘される

    「あなたの行動パターンはお見通し、という警告に聞こえました」(20代男性)というように、デートの高揚感を見抜かれるパターンです。やましいことがなければ堂々と答え、痛くない腹を探られるのを回避したいところです。

  • 【4】「ふーん、トイレにもスマホを持ってくんだ」と遠回しにチクリと刺される

    「行ったのが小用だったから、なおさら怪しまれた!」(10代男性)など、スマホを片時も離さずにいると邪推を招くおそれもあります。トイレに持ち込むなら、「仕事の電話がありそうで」などと言い添えたほうがよさそうです。

  • 【5】「最近、週末というと予定で埋まってるよね…」といぶかしがられる

    「仕事でデートをドタキャンしたこともあって、疑いに拍車をかけてしまった」(20代男性)というように、彼女に会えない時間が増えると余計な心配をかけてしまうようです。出張ならお土産を用意したり、友人との用事なら写真を見せるなどのフォローが必要でしょう。

  • 【6】「ここんとこ、返信が遅くない?誰かほかに送ってる?」と疑われる

    「女友達からの相談に乗ってたから返信が遅くなってたのかも。反省しました」(10代男性)というように、メッセージの頻度やレス時間の変動のせいで、「何かある」と思われてしまうケースです。事情があるなら打ち明けて、彼女を安心させてあげましょう。

  • 【7】「あれ、スマホにロックするようになった?」と動作を注視される

    「機種変してロックするようになったら、警戒され始めた」(10代男性)というように、以前は無頓着だった人が、突然セキュリティを重視し出すと、彼女を疑心暗鬼にさせてしまうようです。「紛失したら個人情報が流出してしまうだろ?」などのトークで余計な詮索を避けたいところです。

  • 【8】「ファッション誌を読んで何を研究してるの?」と追及される

    「オシャレして誰に見せるつもり?と言われてドギマギ」(20代男性)というように、ファッションに気合を入れただけでも、不自然だと思われることがあるようです。イメチェンを計画するなら、彼女に相談してから行動に移すのが無難でしょう。

  • 【9】「個室居酒屋を検索して…誰と行くのかなぁ」と冷静に尋問される

    「興味本位で検索した夜の店もバレてあきれられました」(20代男性)など、検索エンジンの履歴や予測変換から、浮気の痕跡を見られてしまうパターンです。たとえ浮気はしていなくても、見られてマズい履歴は消去するのがスマートでしょう。

女性は男性のちょっとした変化を見逃さないことが多いものです。後ろめたくなくとも彼女に疑念を持たれたら、誠意をもってフォローする必要があるでしょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock