デート中にもう一押し!落とせそうな女性の心を動かす一言9パターン


意中の女性とのデートが実現したからといって、交際に発展するとは限らないもの。「この人と付き合ってもいいかも…」と思わせるには、その気にさせる「もう一押し」が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「デート中にもう一押し!落とせそうな女性の心を動かす一言」をご紹介します。

  • 【1】「君といると楽しくて時間を忘れる」と幸せそうに微笑む

    「素直でいい人だなと、一気に印象がよくなった」(20代女性)というように、一緒に過ごしている喜びをまっすぐに表現すると、好意的に受け止めてもらえるようです。二人で笑い合った直後などにサラリと口にすれば、気取った感じにはならないでしょう。

  • 【2】「次はこんなデートどう?」と楽しそうなプランを次々提案する

    「話を聞いてたら、全部一緒に行きたくなった」(10代女性)というように、「魅力的なデート」で相手の歓心を買う方法です。無難な案だと「なに一人で盛り上がってるの?」と引かれるかもしれないので、興味をそそるアイデアが出せるかどうかが鍵となりそうです。

  • 【3】「俺でよければいつでも力になるから」と頼りがいのあるところを見せる

    「正直ちょっと泣きそうになった(笑)」(20代女性)というように、相手がふと悲しげな顔を見せたら、「器の大きさ」をアピールするとよさそうです。実際に相談を持ち掛けられたら、誠意ある対応をして口先だけではないことを証明しましょう。

  • 【4】「君がそばにいるとなんだか落ち着く」と特別な存在だとほのめかす

    「相手の一言で、自分も同じ気持ちだと気づかされた」(20代女性)というように、感覚に訴える言葉が「決め手」となるケースです。とはいえ、うまくはまらないと独りよがりに聞こえるおそれがあるので、うかつに繰り出すのは危険かもしれません。

  • 【5】「手をつないでもいいかな?」と紳士的に関係を進める

    「私を大事にしてくれそうで、こんな彼氏いいなと思った」(10代女性)というように、女性の意思を確認しながら距離を縮めると、真心を感じてもらえそうです。許しを乞うような態度だと頼りない印象を与えてしまうので、自信ありげな口調で尋ねましょう。

  • 【6】「まだ一緒にいたいけど帰らないとね…」と名残惜しそうにする

    「本気で私を気に入ってくれてるんだなと、キュンとした」(10代女性)というように、離れがたい素振りを見せて「募る想い」を匂わせる方法です。ずるずると別れを引き延ばすのではなく、理性的に振る舞ったほうが、「また会いたい」と思ってもらえるでしょう。

  • 【7】「今日のデートでますます君に惹かれた」とストレートに感想を述べる

    「一緒に過ごした上で言われたので、中身重視なのが分かって嬉しかった」(20代女性)というように、デート終盤で好意を示すと、「好きなのは外見だけではない」と伝わりそうです。「きちんとした交際ができるかも…」と前向きになってもらえるかもしれません。

  • 【8】「俺の気持ち、本当は分かってるよね?」と強気な態度に出る

    「ドキッとして、相手を彼氏候補として意識するようになった」(20代女性)というように、いきなり核心に迫る問いを投げ掛けて、相手をドギマギさせるのも手です。落とせそうな確信がまだないうちに言っても劇的な効果は望めないので、タイミングを見極めましょう。

  • 【9】「ずっと一緒にいたいから付き合ってほしい」と正式に交際を申し込む

    「決心はついてたけど、ちゃんと言ってもらえるのを待ってたんです(笑)」(20代女性)というように、こちらの「もう一押し」を相手が期待している可能性もあります。うまく行く予感がしても、土壇場で返事を覆されないよう誠実な態度で申し込みましょう。

やみくもに決めゼリフを繰り出しても、空振りに終わってしまいそうです。ここぞという瞬間に勝負に出たいものです。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock