生理前の彼女に嫌がられてしまうデート9パターン


生理前の女性は、体調的にも精神的にも「調子がいい」とは言えないもの。その期間にデートをする場合、男性としてどんなことに気を付けてあげればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「生理前の彼女に嫌がられてしまうデート」をご紹介します。

  • 【1】プールや温泉はちょっと厳しい…「水に入るデート」

    「本当に直前だと生理が来るのが怖くて楽しめない」(20代女性)というように、生理のタイミングが数日ズレることはざらにあるので、いくら「まだ生理じゃない」とはいっても水に入るデートは避けたほうがよさそうです。プールや温泉に誘う際は、間隔を空けていくつか候補日をあげましょう。

  • 【2】彼氏の部屋で過ごす「家デート」

    「そういう雰囲気になりそうで嫌だなと思う」(20代女性)というように、生理中はあまりイチャイチャしたくないと感じる女性が多いため、直前だと集中できないことも多いようです。彼女がやんわりと断りを入れてきたら、潔く引いたほうが好感度は高いでしょう。

  • 【3】長時間座っていなくてはならない「映画館デート」

    「映画を見ている最中に生理が来たら本当に困る!」(20代女性)というように、長時間座り続ける状況に不安を覚える女性もいるようです。観劇やスポーツ観戦なども状況は同じなので、勝手にチケットをとったりするのはやめましょう。

  • 【4】歩き続けるのが辛い「ショッピングデート」

    「生理前はあまり動きたくないです」(20代女性)というように、ホルモンの影響で生理前は活動的でなくなる女性も多いようです。デートのたびに、インドアなデートとアウトドアなデートの選択肢を用意しておくと、彼女の負担を軽くできるのではないでしょうか。

  • 【5】トイレの心配がある「アウトドアデート」

    「すぐにトイレに行けないのは困ります」(10代女性)というように、トイレの数が少ない、もしくはトイレに行けるチャンスが限られるアウトドアデートは、生理前の女性にとって大きなストレスになるようです。テーマパークも同じ理由で敬遠される可能性が高いでしょう。

  • 【6】体調次第ではまったく受け付けない「焼き肉デート」

    「生理前後は脂っこい食べ物は避けたい」(20代女性)というように、生理前は食べ物の好みがガラッと変わる女性もいるため、いつもと同じ食事では満足してもらえないかもしれません。「さっぱり系かこってり系、どっち?」などと聞き、彼女の体調に合わせたレストランを提案してあげましょう。

  • 【7】体力の消耗が激しい「スポーツデート」

    「生理前はだるくて仕方がないんです」(20代女性)というように、人によっては体調不良に陥ることがあるため、体を動かすデートを負担に感じる場合もあるようです。この期間は汗の匂いがきつくなることを気にする女性もいるので、炎天下でのアクティビティも避けたほうがいいでしょう。

  • 【8】悪酔いしそうでできれば避けたい「飲酒デート」

    「ホルモンの関係なのか、生理前・生理中は酔いやすい」(20代女性)というように、お酒を楽しめなくなる女性もいるようです。どうしても飲みたければ、ノンアルコールカクテルが豊富なバーなどで、一杯だけ付き合ってもらいましょう。

  • 【9】他人に気を遣うなんて無理…「彼氏の友達と遊ぶデート」

    「イライラしちゃうから、よく知らない人と会いたくない」(20代女性)というように、生理の影響がメンタルに出る女性もいるようです。どんな女性も彼氏の友達には好印象を残したいものなので、「会わせたいんだけど」と打診して彼女にスケジュールを合わせましょう。

体調不良だけでなく、イライラ感や生理が来ることへの不安など、生理前は女性特有の悩みがある時期だといえそうです。無理強いをせず、選択肢を用意するよう心がければ、負担を軽減できるのではないでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock