仕事に疲れたオトナ女子が妄想している「理想の彼氏」9パターン


「こんな彼女がいたらなあ…」と妄想して現実逃避するのはよくあること。男性と同じく女性の脳内にも「妄想彼氏」がいるとしたら、理想に近い振る舞いをしてみせて、相手をキュンとさせるのも手かもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「仕事に疲れたオトナ女子が妄想している『理想の彼氏』」をご紹介します。

  • 【1】「いつもがんばってて偉いね」と頭をポンポンしてくれる彼氏

    「普通に仕事してるだけだと誰も褒めてくれないから、優しい彼氏にヨシヨシされたい」(20代女性)というように、淡々と働きながらも、オトナ女子の心の中では「一生懸命な自分を認めてほしい」という願望が渦巻いているようです。「頭ポンポン」は無理でも、ねぎらいや賞賛の言葉なら掛けられるでしょう。

  • 【2】「晩メシできてるぞ」と好物ばかりの食事を用意してくれる彼氏

    「私のためにおいしい夕食を作ってくれる彼氏がいたら最高ですね」(30代女性)というように、愛情たっぷりの食事も女性の心に響くようです。料理が得意ならそれとなく腕前をアピールして、気になる人に期待を抱かせるといいかもしれません。

  • 【3】「今日はどうだった?」と仕事の愚痴を聞いてくれる彼氏

    「つまらない話にも笑顔で耳を傾けてもらえたら、明日からまたがんばれそう」(20代女性)というように、「聞き上手な男性」には、根強いニーズがあるようです。意中の女性とおしゃべりするときは、「聞き方」に注意を払って好印象を残しましょう。

  • 【4】「嫌なことは忘れちゃおう!」と気分転換に付き合ってくれる彼氏

    「落ち込んでる私を明るく元気づけてほしい」(20代女性)というように、女性を楽しませるスキルも、あるに越したことはないでしょう。とはいえ、やたらとポジティブに接して「能天気」だと思われないよう、真面目な一面も覗かせたほうがよさそうです。

  • 【5】「がんばってるからご褒美」と小さなプレゼントをくれる彼氏

    「記念日でもないのに私を気遣って贈り物をくれたら、ほろっときそう」(20代女性)というように、プレゼント上手な男性も、ポイントが高そうです。彼女でもない女性にいきなり贈り物をしたら引かれそうですが、スイーツなどの差し入れなら喜ばれるでしょう。

  • 【6】「君の言い分が正しいと思う」と全面的に味方してくれる彼氏

    「社内で孤立無援でも、彼氏に賛同してもらえたらすごく慰められると思う」(20代女性)というように、「よき理解者」としての彼氏を望む女性は多いようです。気になる同僚女性がつらい立場に立たされていたら、力になってあげたいところです。

  • 【7】「俺も負けてられないな」とがんばる姿を励みにしてくれる彼氏

    「自分の仕事ぶりが彼氏にいい影響を与えていると思ったら、疲れも吹き飛びそう」(20代女性)というように、「高め合える関係」が理想だと考える女性もいます。真面目なタイプの女性と絆を深めたければ、「お互い切磋琢磨し合えるような存在」を目指しましょう。

  • 【8】「絶対大丈夫、俺が保証する」と自信を持たせてくれる彼氏

    「プレゼンの前とかに全力で応援してほしい」(30代女性)というように、不安なときや心配事を抱えているときは、「自分を奮い立たせてくれる彼氏」が欲しくなるようです。気になる女性との信頼関係がすでにあるなら、ここ一番のタイミングで力強く勇気づけてあげましょう。

  • 【9】「今日もお疲れさま」とやさしくハグしてくれる彼氏

    「へとへとに疲れてる私をギュッとしてくれたら、それだけで十分幸せ」(30代女性)というように、温かなスキンシップを切望しているパターンです。ただの同僚や女友達に身体接触を仕掛けるのは危険ですが、相手といい雰囲気になってきたら、手くらいは握ってみてもいいかもしれません。

女性の妄想をそのまま体現するのは無理でも、似た行動ならできそうです。さりげなく繰り出して、いいイメージを植え付けましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock