これはヤバい!浮気心がムクムクと芽生える瞬間9パターン


付き合いたてのころは「彼女を一生大事にしよう!」と心に誓ったはずなのに、時間が経つにつれて、「少しくらいなら…」と気持ちがふらつくことはあるもの。しかし悲惨な事態を招きたくなければ、そんなときこそ自分を戒める必要があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「これはヤバい!浮気心がムクムクと芽生える瞬間」をご紹介します。

  • 【1】彼女と2週間以上会えていないとき

    「人肌恋しくなりますし、だんだん欲求不満に…」(20代男性)というように、彼女に会いたくても会えない日が続くと、一途な男性でも浮気心が疼き出してしまうことがあるようです。メールやLINEではなく、電話で彼女の愛おしい声を聞けば、邪な気持ちが鎮まるかもしれません。

  • 【2】街中で超好みの女の子と目が合ったとき

    「見るなと言われても、やっぱりそっちばっかり見てしまう(苦笑)」(10代男性)というように、好みど真ん中の女性に気を取られてしまうこともあるようです。どんなにイケメンでも、目が合っただけで恋に発展することは少ないので、くれぐれも浮かれないようにしたいものです。

  • 【3】彼女がほかの男友達たちと遊びに行って放っておかれたとき

    「『そっちがその気なら…』と、やけくそになる」(20代男性)というように、彼女が自分を置いてほかの男性と会っているときも、自暴自棄になってしまうかもしれません。嫉妬するのが目に見えているのなら、「ほかの男と遊ばないで」とお願いしたほうがいいでしょう。

  • 【4】バッタリ再会した元彼女がセクシーになっていたとき

    「もともと好きだった相手だけに、ムラムラしてしまった…」(20代男性)というように、より魅力的になった元カノの誘惑はかなり手強そうです。元カノとの浮気はよく聞く話ですが、神様から与えられた試練だと思って乗り越えましょう。

  • 【5】飲み会で酔っぱらった女の子に絡まれたとき

    「お酒も入っていると歯止めが利かなくなることも」(20代男性)というように、女の子がしなだれかかってきたときは、自制するのが難しいようです。どんなに酔っていても、「これは何かの罠かもしれない」と考えられる理性を保ちたいところです。

  • 【6】仕事を教えている後輩の女の子から「ご飯でも」と誘われたとき

    「ご飯のあとのことを期待してしまうのが男というものです」(20代男性)というように、かわいい後輩から誘われたら、ついつい胸を膨らませてしまう人もいるでしょう。とはいえ、この場合は、マジメに仕事を語って社内における自分の株をあげておくのが得策でしょう。

  • 【7】バーで隣に座った女の人と盛り上がったとき

    「酒の勢いで深い話までしてしまうと、そういう空気になりやすい」(20代男性)というように、大人の社交場で女性と意気投合したら、一線を越える可能性は高まりそうです。しかし、浮気で彼女を裏切るだけでなく、美人局の被害に遭うリスクもあるので、慎重に行動したいものです。

  • 【8】彼女にスキンシップを冷たく断られたとき

    「俺のこと好きじゃないのかなって悲しくなってしまいます」(20代男性)というように、彼女に拒絶されてフラストレーションを溜めてしまうパターンです。女性からすると、好きな相手でも頻繁なスキンシップはウザいと感じる場合もあるので、しつこくしすぎていないか振り返ってみましょう。

  • 【9】わりと好みの子に「好きです」と告白されたとき

    「モテ期到来を感じます。ばれないように遊べるなら遊びたい…」(20代男性)というように、かわいい子に告白されたら心が揺れてしまう男性は多いでしょう。しかし「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざもあるように、ここで欲張るといずれ一人ぼっちになってしまうかもしれません。

一瞬の出来心のせいで本能のままに行動してしまうと、彼女はもちろん男友達にも信用されなくなってしまうおそれがあります。すんでのところで踏みとどまれるように、いつも理性を失わないようにしたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock