ずっと断り続けていたのに思わずデートをOKした理由9パターン


女性には、ずっと断り続けていたデートの誘いに突然応じたくなる瞬間というものが存在するようです。「今回は行ってあげてもいいかな」と心変わりするタイミングを知っておけば、意中の人にダメ元でアタックし続ける場合の参考になるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ずっと断り続けていたのに思わずデートをOKした理由」をご紹介します。

  • 【1】ちょうど彼氏と別れたばかりだったから

    「なかばヤケになって、誰でもいいやという気持ちでOKした」(20代女性)など、彼氏と別れたばかりのタイミングでは、誘いに乗ってくれる女性が多そうです。別れの理由を根掘り葉掘り探るのではなく、聞き役に徹すれば、おいしい結果が待っているかもしれません。

  • 【2】もしかしたら好きになれるかもと少しだけ期待したから

    「なんとなく気が向いて、『お試し』で会ってみようかなと思った」(10代女性)など、好きな人がいない女性の場合は、何度も押せばチャンスが巡ってくることもあるようです。恋愛の試験だと思って、デート当日はぜひ気合を入れて臨んでみたいところです。

  • 【3】誘われたタイミングがヒマな時期だったから

    「家でぼーっと過ごすよりは人と会ったほうがマシかもと考えた」(20代女性)というように、誘うタイミングによっては重い腰を上げてもらえることもあるかもしれません。ストーキングにならない程度の「数打ちゃ当たる」精神は有効な場合もあるでしょう。

  • 【4】ちょうど行きたかったイベントを指定されたから

    「一人で行くつもりだったけど、二人のほうが楽しめそうな気がしたので」(10代女性)というように、もともと本人が行きたいと思っていたイベントならすんなり承諾してもらえることもありそうです。そのためには、ふだんから気になる女性の趣味や嗜好をリサーチしておきましょう。

  • 【5】二人で出掛けても身の危険はなさそうだと判断したから

    「それまでの誘い方が控えめだったので、人畜無害な男性だとジャッジした」(20代女性)など、下心がないことをさりげなくアピールし続けると、安心感を抱いてもらえるようです。デート本番でも極力紳士的に振る舞えば、二度目のデートの約束も取り付けられるかもしれません。

  • 【6】一回だけ付き合えばあきらめてくれると思ったから

    「あまりにもしつこいので、最初で最後という約束で会うことにしました」(10代女性)など、しかたなく一回だけ付き合ってあげようかと判断することもあるようです。とはいえ、諦めない姿勢が実を結ぶ可能性もなくはないので、デートの際は全力で逆転勝利を目指しましょう。

  • 【7】人気レストランの食事をおごってもらえることになったから

    「なかなか取れない予約をがんばって取ってくれたと聞いたら、乗らないわけにはいかない(笑)」(20代女性)というように、おいしい食事をエサにデートの約束をする方法は、意外と打率が高いかもしれません。二軒目のバーまで押さえておくと、いい雰囲気に持っていけるでしょう。

  • 【8】買い物の足になってくれそうだったから

    「ここぞとばかりに、かさばる物をまとめ買いした」(20代女性)など、重い荷物を持ってあげるという口実は、女性の心を動かしそうです。長時間いっしょに行動するうちに、恋人っぽいムードが高まり、一気に距離を縮められるかもしれません。

  • 【9】深夜に酔った勢いでOKしたから

    「朝起きて後悔したけど、いまさら断るのも悪いと思ったので…」(20代女性)など、酔って人恋しいときは、勢いで誘いに乗ってくれることもあるようです。お酒の力を借りて実現したデートなら、二人で朝まで飲み明かし、思わぬ展開を期待するのもよいでしょう。

ようやくこぎつけたデートなら、当日のテンションはマックスでしょう。OKしてくれた女性の心理をよく考えたうえで、最大のチャンスをぜひ成功に導いてください。(石原たきび)
Photo:All images by iStock