「どこからが浮気?」と彼女に聞かれたときの模範解答9パターン


勘のいい女性は、「浮気の芽」をいち早く見抜く可能性が高いもの。交際中の彼女から「浮気の境界線」を聞かれたら、どう答えるのがベストなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『どこからが浮気?』と彼女に聞かれたときの模範解答」をご紹介します。

  • 【1】「彼女がいるのに心が揺れたときじゃないかな」と真面目に精神論を語る

    「『ほかに気になる子でもできた?』と聞きたがる子なので、一途な愛を誓うしかない(苦笑)」(10代男性)というように、心配性の彼女はとにかく安心させてあげるのがよさそうです。このタイプには、「気持ちの問題」に触れて誠意を示すのが正解でしょう。

  • 【2】「下心を持った時点で浮気だと思う」と性欲に真摯に向き合う

    「雰囲気に流されたことがあるから、それ以来気をつけてる」(20代男性)というように、自分の性欲を冷静に考える視点は、浮気防止に直結しそうです。特に前科がある人は、あらためて「下心の封印」を誓いたいところです。

  • 【3】「ハートマーク入りのメッセージを送るのはNGかな」とLINEのマナーにたとえる

    「『彼女以外とはLINEをしない』のは無理なので、ある程度の線を引きますね」(10代男性)など、ほかの女性に送るLINEのマナーについてわかりやすい方針を定める人もいます。とりあえず、ハートマークやラブリーなスタンプを自粛するのが妥当ではないでしょうか。

  • 【4】「手をつないだり、腕を組んだりは浮気になるよね」と密すぎるスキンシップを否定する

    「カラダの密着は、客観的にもまずいと思うので」(10代男性)というように、ほかの女性とのスキンシップをNGとするパターンです。あとで誰に密告されるかわからないので、お酒の席などでもハメを外しすぎないよう気を付けたいものです。

  • 【5】「彼女に見せられない写真は撮ったらダメ」とアウトの基準を引く

    「冗談で撮ったキスプリがバレて揉めたことがあるので…」(20代男性)というように、「別の女性との写真」を自制するのも、彼女を納得させられそうです。いかなる言い訳も無効と心得て、軽いノリでもやめておきましょう。

  • 【6】「彼女に内緒で二人っきりで会うのは、やましい証拠」とデートの境界線を示

    「飲みの相手を必ずオープンにすれば、逆に自由にしてもらえるかもしれない(苦笑)」(20代男性)など、「彼女に内緒なら×」というボーダーもわかりやすくてよさそうです。同席者を「見える化」するルールを設ければ、風通しのいい関係を築けるでしょう。

  • 【7】「食事はいいけど、終電がなくなるまで飲むのはマズい」と夜の付き合いに敏感になる

    「『終電なくなったから休もうか』みたいなことは絶対ないから…と安心させます」(20代男性)など、密会ムードが漂う深夜に女性との飲食を避けるのも、信頼を得られるようです。終電前の帰宅からおやすみLINEまでをセットで約束するのもよいでしょう。

  • 【8】「相手や自分の誕生日にレストランに行ったら、それはもうデートだよ」とわかりやすい例を示す

    「『特別な日を過ごす相手は彼女だけ』と確認し合うのが信用につながる」(20代男性)というように、カップルならではのイベントを重視する姿勢も評価されそうです。クリスマス、バレンタインなども同様の例として説明しましょう。

  • 【9】「ハグはするかもだけど、キスはね…」と守るべき一線を明らかにする

    「親しみを込めたハグはすることもあるけど、キスは違うでしょ、と伝えています」(10代男性)など、彼女が気にしそうなポイントを事前に解消しておく人もいます。細かいボーダーラインにナーバスになる彼女には、「キスの聖域」を強調するのが効果的かもしれません。

性欲に負けがちなのは、悲しい男のサガ。グラッとくるシチュエーションは多いかもしれませんが、浮気クライシスを防ぎたいなら、「君子危うきに近寄らず」を肝に銘じておきましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock