男性への好意が一瞬で冷める「映画の感想」9パターン


劇場を出て、お互いに感想を言い合うまでが映画デートの醍醐味でしょう。しかし、そのときのコメント次第では、「聞いてがっかり」と女性を幻滅させてしまうおそれがあるので、内容を吟味したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「男性への好意が一瞬で冷める『映画の感想』」をご紹介します。

  • 【1】「結局、何が言いたかったんだろう」と映画の内容を理解していない

    「シンプルなプロットでテーマも明確なのに、この人大丈夫?と心配になった」(20代女性)など、映画の内容を理解していないことが露呈すると、ただただガッカリされてしまうようです。ストーリーが難解なら、出演している俳優について感想を述べるのが無難かもしれません。

  • 【2】「ひとことで言えば駄作だね」とこっちが選んだ作品にケチをつける

    「私のセンスが悪いと言われているようでムカついた」(20代女性)というように、いきなり作品自体を否定するのはまずいでしょう。批評するのは悪いことではありませんが、相手の気持ちを考えて言葉を選ぶ必要はありそうです。

  • 【3】「あのステーキが美味しそうだった」と本筋と離れた感想を述べる

    「ストーリーとはまったく関係ないシーンだったので、そこに注目する?とあきれた」(10代女性)というように、いくら本当に美味しそうだったとしても、映画の感想を語るなら、ロマンチックな部分を強調したいところです。関係ない部分については最後に少し触れる程度にしておきましょう。

  • 【4】「途中でうっかり寝ちゃったよ」と重要なシーンを見ていない

    「こっちは興奮しながら感想を聞いてるのに、後半はずっと寝ていたそうでドン引きした」(10代女性)など、上映中に寝てしまうのは、さすがにマナー違反でしょう。相手にバレていない場合は、前半の感想を熱く語って逃げ切るしかなさそうです。

  • 【5】「やっぱり彼に老け役は無理だね」と素人のくせに評論家ぶる

    「どう思うのかは自由だけど、言い方が偉そうでイラッとした」(20代女性)というように、上から目線で評論家ぶるのも、度が過ぎると不快な印象を与えてしまうようです。仮にイマイチだと感じたとしても、「ちょっと不自然なところもあったよね」などとソフトな表現に変えてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「犬が死んだくらいで泣きすぎ」と動物への愛のなさを露呈する

    「実家の犬と重ね合わせて号泣したのに、デリカシーのなさに怒りを覚えた」(10代女性)というように、動物ネタはとくに女性が感情移入しやすいジャンルなだけに、注意が必要かもしれません。たとえ興味が持てなくても、「泣いている君を見て泣きそうになった」などの変化球でしのぎましょう。

  • 【7】「女ってめんどくさいね」と女性心理を汲み取らない

    「恋愛映画の感想が『女はめんどくさい』って…!!私もそう思われているのかと落ち込んだ」(20代女性)など、女性全般をざっくりまとめるような言い草も反感を買いそうです。せめて「女心は難しいね」と述べる程度にしておきたいところです。

  • 【8】「ベッドシーンが最高だった」とエッチな部分だけに注目する

    「ベッドシーンはあくまでも演出の一部なのに、延々とその話をされても…」(20代女性)というように、エッチなシーンについて熱心に語っても、女性を戸惑わせてしまいそうです。自分にとっては最大のハイライトでも、脳内にとどめておきましょう。

  • 【9】「ずっと君の横顔を盗み見ていたよ」と意味不明のキモ発言をする

    「映画は見てないんかい!とキレそうになった」(20代女性)など、やはり映画館では映画を見ることに専念すべきかもしれません。もっとも、「泣きそうになってる表情がかわいかったよ」といった感想であれば、デートらしい甘い雰囲気に持ち込めそうです。

映画の感想は、「恋愛」という名の授業のテスト解答のようなもの。合格点をもらいたければ、それなりに努力が必要でしょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock